アップルが発表した「第2世代のiPad Pro」は買いなのか? 旧型iPad Proユーザーであるライターのジャイアン鈴木氏がじっくり解説する。

 2017年、6月6日に開催されたアップルの開発者向けカンファレンス「Worldwide Developers Conference (WWDC) 2017」にて、新型iPad Proの10.5型モデル、12.9型モデルが発表され、同時に予約販売が開始された。製品の到着予定日は6月6日13時時点で6月14日となっている。

 第1世代のiPad Proは、最初に12.9型モデル、次いで9.7型モデルという順番でリリースされた。一方、今回の新モデルでは9.7型モデルが廃止され、新たに10.5型モデルが登場した。そこで「新型iPad Proは買いか」そして「買うならどちらのモデルがいいのか」について検討してみよう。

左が10.5型iPad Pro(6万9800円~)、右が12.9型iPad Pro(8万6800円~)
[画像のクリックで拡大表示]