米アップルは2018年6月5日(日本時間)、米カリフォルニア州サンノゼで開発者向けイベント「WWDC 2018」を開催。iOS 12や新watchOS、新macOSなどを発表した。

アップルの開発者向けイベント「WWDC 2018」に登壇するティム・クックCEO
[画像のクリックで拡大表示]

iOS 12は旧機種でも高速化し、Siriなども進化

 まず、2018年秋に登場予定のiPhoneやiPad、iPod Touchシリーズ向けのOSの最新バージョン「iOS 12」が披露された。昔の機種でもパフォーマンスを発揮できるようにCPUへの負荷のかけ方を最適化し、iPhone 6sではアプリ起動が最大40%、キーボード表示が最大50%、カメラ起動が最大70%高速化するという。対応機種はiOS 11と同様、iPhoneが5s以降、iPadはAir以降、iPad miniは2以降、iPod Touchは第6世代以降とのことだ。

iOS 12では従来機種でもパフォーマンスが向上するという
[画像のクリックで拡大表示]

 iOS 12は米ピクサーが開発したAR(拡張現実)向けの新ファイルフォーマット「USDZ」に対応し、ARアプリ開発環境「ARKit」もARKit 2に進化した。ARKitを使った実用アプリとして、家具などの長さや面積などを計測できる「Measure(メジャー)」アプリも発表した。

家具などの長さや面積などを計測できる「Measure(メジャー)」アプリのデモ
[画像のクリックで拡大表示]

 iOSに搭載する音声アシスタントの「Siri」も進化し、複雑な命令をシンプルなキーワードだけで投げかけられる「ショートカット」機能が利用できるようになる。例えば「ヘイSiri、カギをなくした」と話しかけると、カギに付けた忘れ物防止タグを鳴らしてくれたり、「旅行プラン」と話しかけるだけで直近の旅行プランをすぐにお知らせしてくれるといったデモなどを行っていた。ひと言話しかけるだけで複数の操作を同時に行えるようになるため、Siriの利便性が一気にアップすることになる。

Siriではショートカット機能を利用できるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

 iOS 12では新たに「Screen Time」機能を搭載。スマホの使用状況やアプリごとの使用時間を可視化できるだけでなく、使用時間のお知らせや制限も可能だ。子供のスマホ使用時間を細かく制限できるペアレンタルコントロールが可能なことをアピールしていた。

iOS 12ではより細かいペアレンタルコントロールが可能になる
[画像のクリックで拡大表示]

 顔認識によってユーザーの動きと連動した「動く絵文字」を作れるiPhone Xの「Animoji(アニ文字)」もiOS 12で進化。自分自身の顔に似せたアニ文字を作れる「Memoji」機能も発表された。多くの顔のパーツの中から好きなものを選んで、自分に似たアバターを作り込んでメッセージなどに添付できる。

自分に似たアバターを作れる「Memoji」のデモ
[画像のクリックで拡大表示]

 音声通話やビデオ通話が可能なFaceTimeアプリも強化され、最大32人が同時に会話できる「Group FaceTime」が可能になった。

Group FaceTimeのデモ。先ほどのMemojiも利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
初出では米アップルを米アップと記載しておりました。お詫びして修正いたします。