アップルが開催したWWDC2017の基調講演では、Siriを搭載したスマートスピーカー「HomePod」や10.5型液晶を搭載したiPad Proなどの新ハードウエアが発表され、大いに盛り上がった。だが、WWDCに参加した最高齢プログラマーとして、日本人の若宮正子さんが基調講演の冒頭で紹介されたこともサプライズだったといえる。82歳のシニアがiPhoneアプリの制作を手がける現役プログラマー、ということに驚かされた人も多いだろう。まさに「コンピューターおばあちゃん」と呼ぶにふさわしい若宮さんの日常や、アプリ制作までの道のりを取材した。

WWDC2017に参加した最年少プログラマーとして10歳のリマ・ソエリアントくん(左)とともに紹介されたのが、82歳の現役プログラマーである若宮正子さん(右)だ
[画像のクリックで拡大表示]

還暦を過ぎてパソコンを導入、自宅でパソコン教室も

日々パソコンを使いこなしている若宮正子さん。82歳には見えない若々しさだ
[画像のクリックで拡大表示]

 若宮さんがパソコンを始めたのは、実に還暦を過ぎた60代。勤めていた会社を定年で退職したあと、自宅で母親の介護を始めることになったのがきっかけだ。若宮さんは、人と会って話をするのが大好きな性格なので、外出して友だちとおしゃべりできなくなったのが何よりつらかったという。孤独感を解消するツールとして目をつけたのがパソコンだった。Windows 95が登場する前でパソコンを使いこなすのは難しい時代だったが、書籍を買って独学で使い方をマスター。パソコン通信のチャットを利用して、友だちと大好きなおしゃべりを楽しんだそうだ。

 パソコンの魅力に取りつかれた若宮さんは、独自のアイデアでパソコンを楽しく活用することに多くの時間を割くようになった。ユニークな活用法として注目できるのが、若宮さんが「パソコンを使った手芸」と呼ぶExcelアート。Excelのセルを色で塗りつぶしたり罫線の配置を工夫することで、日本の伝統的な文様をはじめ美しいグラフィックを描くという趣味だ。

若宮さんが製作したExcelアートを印刷したうちわやブックカバー。Excelだけでこのような美しい模様が作れるのに驚かされる
[画像のクリックで拡大表示]

 現在は、自宅でパソコン教室を開いており、同世代のシニアの友だちと楽しくおしゃべりをしながらパソコンやスマホの楽しみ方を教えたり、IT関連の話題を取り上げて解説している。取材時は、悪意のあるサイトへ誘導する詐欺メールの見分け方や、偽のウイルスソフトの判別方法、世間を騒がせたランサムウエア「WannaCrypt」の概要など、高度な内容を分かりやすく解説。プロジェクターに投影する資料もすべて若宮さんが作成しているといい、とても82歳のおばあちゃんとは思えないIT関連の知識の高さに驚かされた。「若宮さんの教室を受講すると旦那や息子の話についていける」と、参加者からの評判も上々だった。

若宮さんは、自宅に友人を招いて定期的にパソコン教室を開いている。おしゃべりを楽しみつつ、インターネット詐欺や悪意のあるマルウエアなどを分かりやすく解説する
[画像のクリックで拡大表示]
海外から発信された詐欺メールでよく見られるおかしな日本語に着目し、このような表現があるメールには注意すべきと解説する
[画像のクリックで拡大表示]
アダルトサイトやゲーム攻略サイトなどにアクセスした際に表示されることがある偽りの請求画面も、実例に近いものを挙げて解説
[画像のクリックで拡大表示]
偽のセキュリティソフトの警告は、無料ソフトのインストールが原因であることが多い、と具体的に挙げているのに感心させられる
[画像のクリックで拡大表示]
取材日に世界中を騒がせていたマルウエア「WannaCry」についても、感染したパソコンの条件を書くほどの詳しさだ
[画像のクリックで拡大表示]
週に2回のパソコン教室だけでなく、マンションの管理組合の理事やハローワークに出向いての講義などもこなす若宮さん
[画像のクリックで拡大表示]