大手キャリアから、スマートフォンの2017年夏モデルが出そろった。上位モデルに搭載された新機能として注目なのが、動画の4K/HDR再生機能だ。ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZ Premium」を発表してから約3カ月。日本でもNTTドコモが2017年夏モデルとして本機を発売することが決まった。これからのスマホでは「HDR」がトレンドも引っ張るキーテクノロジーになるのだろうか?

 「HDR(High Dynamic Range)」とは、映像の輝度情報の幅を拡大して、色やコントラストの表現をより豊かにする技術だ。人の目で見た情景に近いリアルな映像をパネルに再現でき、精彩感のインパクトは4K以上、立体感は3Dをも凌ぐと評価されることもある。ちなみに最新のスマホやコンパクトデジタルカメラの多くには、静止画・動画撮影のメニューに同じ「HDR」という名前の機能があるが、こちらは露出が異なる画像を複数枚撮影して合成し、白トビや黒つぶれのない画像を作るというもので、技術的には異なる。

 映像のHDRを体感するには、HDR対応のテレビやプレーヤー、ディスプレー、映像コンテンツが必要だ。メーカーは消費者がHDRの対応/非対応を区別しやすいよう、HDR対応製品にロゴを付けて販売している。HDR対応製品は順調に増えている。

 そんななか、今年はスマートフォンにもHDRの波がやってきそうだ。ソニーモバイルコミュニケーションズが2017年夏モデルとして発売する4K/HDR対応のスマホ「Xperia XZ Premium」は、4K/HDRロゴを冠する同社初のスマホである。

NTTドコモは2017年夏の新端末発表会で、「HDR」対応を強くアピールした
[画像のクリックで拡大表示]
ソニーモバイルコミュニケーションズが発売する4K/HDR対応スマホ「Xperia XZ Premium」
[画像のクリックで拡大表示]