何やら白いパッケージを手にした編集部のY氏に声をかけられた。「ファーウェイのMediaPad M5を借りたんで、堀井塚さん、レビューしてください」
筆者「え、何で俺?『湯浅の穴』で取り上げればいいんじゃ……」
Y氏「堀井塚さん、M3使ってますよね? これ(M5)、M3の後継機なんですよ」

 Y氏なんなの? 自分で貸し出し申請しておいて筆者にレビューを書かせようとする理由がよく分からない。ただ、筆者が2017年の夏にLTE版のMediaPad M3を3万1500円で買い、以来ずっと持ち歩いているのは事実だ。

筆者「これ、何が違うのよ」
Y氏「CPUがパワーアップしたらしいですよ。あと、音も良くなってるそうです」
筆者「ちょっとくらい速くなってても分かんないよ? 音がいいとか悪いとか、俺、オーディオ評論家じゃないし……」
Y氏「そう思ったらレビューにそう書けばいいんですっ」

 Y氏なんなの? この前も同じパターンで「Google Wifi」の記事を書くことになったんだよなぁ……。

 いきなり結論になるが、M3を持っているなら、わざわざM5を買う理由はない。だが、タブレットを持っていないなら、もしくはスマートフォンの買い替えを考えているなら、M5のスペックはけっこう魅力的だ。

 
5月18日発売の「MediaPad M5(LTEモデル)」の実売価格は6月1日現在で税別4万6000円前後。端子がUSB-CなのでUSB-CケーブルとACアダプター、ヘッドホンジャックアダプターが付属する
[画像のクリックで拡大表示]
充電用の端子はUSB-Cになり、イヤホンジャックを兼ねる
[画像のクリックで拡大表示]