「α7 III」は、ソニーの35ミリ判フルサイズミラーレス一眼カメラ、α7シリーズの最新モデル。型番からも分かる通り、α7、α7 IIに続く三世代目のモデルだ。

ソニーの35ミリ判フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7 III」
[画像のクリックで拡大表示]

 α7シリーズは現在、大きく3つのラインに分かれている。2400万画素クラスのα7シリーズ(α7/α7 II/α7 III)、画素数を抑えて高感度を実現したSシリーズ(α7S/α7S II)、高解像度の4200万画素クラスのRシリーズ(α7R/α7R II/α7R III)だ。

 三世代目のモデルは、まず高解像度のα7R IIIが発売され、それに続く形でこのα7 IIIが発売された。ソニーではこの機種をフルサイズにおける“ベーシックモデル”と位置付けている。実売価格はボディーのみ(ILCE-7M3)が22万5000円前後、FE 28-70mm F3.5-5.6 OSSレンズが付属するレンズキット(ILCE-7M3K)が24万円前後となっている。