[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレイ上に卓上カレンダーを載せたり、自分の名刺をテープで貼ったりしている人をよく見かける。仕事中などに目に付きやすいディスプレイ周りに小物を置けるスペースがあれば便利だろう。

 もしデスク周りがネジ留めが可能な環境ならば、棚を作ることができる。だが、ネジ留めできない場合や、そもそもディスプレイの周りに壁がない場合は、棚を付けるのは難しい。

 それならば、工具いらずでディスプレイ上部に直接取り付けられる棚はできないか。その発想で生まれたのが、キングジムが2016年3月に発売した「ディスプレイボード」(3500円)だ。 この商品が今、売れ行き好調。初年度目標1万台を半年ほどで達成できそうなど、予想の数倍のペースで売れているという。ネット上でも「地味に便利」など、賞賛の声が上がっている。

「ネジやテープを使えば、どこにでも棚を付けられますが、それでは驚きがありません。ディスプレイボードは工具を使わずに簡単に付けられることにこだわりました」(キングジム 開発本部 商品開発部開発二課 木次谷 健氏)

キングジム開発本部商品開発部開発二課の木次谷氏。ガラス天板を採用することで人気が出た机上台「デスクボード」の開発も担当
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレイボードは、棚板1枚とアーム2本というシンプルな構造をしている。棚板の前面をディスプレイの縁にひっかけ、背面からアームで支えるため、ディスプレイが棚をおんぶしているようにも見える。

 ディスプレイの背面形状に合わせてアームの位置を変えられるので、縁に平らな面が5mm以上あり、アーム設置部分の厚みが約10〜85mmのディスプレイであれば取り付け可能。メーカーや機種を限定せず、多くのディスプレイに対応する。さらにパーティションにも取り付け可能だ。

アームを動かすときは調整ボタンを押す。いったん角度を決めてしまえば、調整ボタンを押さない限りアームは固定される
[画像のクリックで拡大表示]
アームの先端は上下左右に動き、背面がカーブしているディスプレイでも固定できる
[画像のクリックで拡大表示]