近年は、AmazonプライムビデオやNetflixといったネット動画配信サービスが存在感を高めている。これらのサービスがドラマやアニメ、ドキュメンタリーなど、オリジナルの番組コンテンツ制作に力を入れるようになったことで、コンテンツ流通現場のビジネスモデル自体が変化してきた。映画並みの制作費をかけたコンテンツが全世界向けに配信されるようになっている。高品質な作品を手軽に見られるのは視聴者にとっては喜ばしいことだ。一方で、主戦場がテレビからネットへと移る中、日本のコンテンツは勝てるのか。

 Amazonプライムのオリジナルドラマシリーズ『高い城の男』が世界的にヒットしているという。原作はヒューゴー賞を受賞したフィリップ・K・ディックの歴史改変SF小説で、製作総指揮は、映画『ブレードランナー』の監督で知られるリドリー・スコットと、『X-ファイル』シリーズの脚本/プロデューサーを務めたフランク・スポトニッツだ。『高い城の男』の原作は日本とドイツによって米国が分割統治されているという設定で映像化は難しいと言われていたが、世界観までも見事に表現し、人気を集めている。

 NetflixのSFホラー『ストレンジャー・シングス』も最近のヒットドラマに挙げられる。無名監督の作品ながら、80年代を舞台にしたノスタルジックな雰囲気とストーリーの良さが支持された。米国最大の祭典「スーパーボール」で同作シーズン2の予告CMが流れ、大きな話題にもなった。

ドラマ1話当たりの製作費が映画並みに拡大

 このようなヒット作が相次いで誕生する中、2017年4月にフランス・カンヌで開催された世界最大規模の番組見本市「MIPTV」では、「動画配信のオリジナル連続ドラマの製作費がこれまででは考えられない規模に引き上げられている。1話当たり映画1本並みの企画が次々と開発されている」という話を聞いた。なぜ、従来のドラマでは考えられなかったような莫大な制作費を投入することができるようになったのか。

2017年4月にフランス・カンヌで開催された世界最大規模の番組見本市「MIPTV」
[画像のクリックで拡大表示]

 その理由として、AmazonやNetflixがサービスを世界規模で展開していることが大きい。通常は番組コンテンツを世界に流通させようとすると、国・地域ごとにテレビ局に購入してもらい、放送してもらうというプロセスを踏む必要があった。

 これに対し、サービスの展開地域が約200カ国に上るAmazonやNetflixは、既に世界各国に独自のプラットフォームを構築している。企画段階から世界展開を視野に入れることができるため、制作費の回収の見込みが立てやすくなる。だから、思い切った額の制作費を投じることができるのだ。