3年前に日本を拠点とした取引所「マウントゴックス」が破綻したことから、なんとなく胡散臭いイメージのあるデジタル通貨(仮想通貨)「ビットコイン(bitcoin)」。「なぜ今ビットコイン? ビックカメラは決済に導入」で紹介したように普及にはいくつかの壁があることも事実だ。ところが、世界に目を向けると、利用者は増加を続け、2000万人を超えたと想定されている。実際、ビットコインの使い勝手はどうなのか? 雑誌「ダイヤモンドZAi(ザイ)」などに執筆する金融に詳しいフリーライターの久保田正伸氏に、ビットコインの購入から量販店での支払いまでを体験してもらった。

 家電量販店のビックカメラが4月7日からビットコインの決済サービスを提供するというニュースが飛び込んできた。日本最大のビットコインの取引所「bitFlyer」と提携して決済が行われるという。訪日外国人旅行者を意識したサービスであることは間違いないのだが、日本に住んでいる筆者にとっても以前からビットコインは気になる存在。ビックカメラからのニュースをいい機会ととらえ、日本円をビットコインに交換し、ビックカメラでの買い物を試してみることにした。

今回、筆者が訪れた「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」
[画像のクリックで拡大表示]
店内にはビットコインでの支払いを告知する垂れ幕がかかっていた
[画像のクリックで拡大表示]

bitFlyerでアカウント作成、そして入金

 ビットコインを扱うためには、まず取引所にアカウントを作成する必要がある。つまりビットコインを出し入れする口座を作るわけだ。今回はbitFlyerのウェブサイトからアカウントを開設した。ちなみにアカウント作成は無料だ。

 日本円とビットコインを交換するため、最初に日本円をbitFlyerに入金する必要がある。当初、アカウント作成すると「ウォレットクラス」というアカウントになる。この状態では、日本円によるビットコインの購入・売却ができない。

 ビットコインを売買するには、アカウントを「トレードクラス」に引き上げる必要がある。そのための条件として、本人情報の登録、本人確認資料の提出、書留郵便(はがき)受取などの手続きが必要だ。少し面倒に思えるが、本人確認資料(免許証など)の提出などは、すべてネット上で手続きができたので、大して手間はかからなかった。

本人確認などの手続きが完了してビットコインの売買が可能になると表示される 画面。本人確認資料の提出は、免許証やパスポートを撮影してアップ ロー ドする。郵送などは必要ない
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、一般的に入出金には手数料がかかる(3万円以上432円、3万円未満216円など)。ただし、三井住友銀行に口座があれば、bitFlyerの入出金の指定口座が三井住友銀行に あるためネットバンキング(SMBCポイントパック)を利用し、一定の条件を満たせば振込み手数料を無料にできる。もちろん、ほかの銀行でもネット銀行などで振込みが無料になるサービスを活用すれば、入金手数料は節約できるだろう。