通勤・通学の電車内で音楽を聴く用途で活躍するイヤホン・ヘッドホン。特に通勤ラッシュのように身動きが取れない状況下では、ケーブルの取り回しにも苦労する人も多いだろう。

 そんな人におすすめしたいのが、スマートフォンに搭載されているBluetoothを利用したワイヤレスのイヤホン・ヘッドホンだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 家電量販店で売られているワイヤレスのイヤホン・ヘッドホンは、大きく分けて3タイプに分かれる。

 まず、標準的なイヤホンをBluetoothを使ってワイヤレス化したスタンダードなタイプ。同様に一般的なヘッドホンをワイヤレス化したタイプ。そして、イヤホンの一種になるが、激しい運動をしても外れない工夫がなされているスポーツタイプがある。

 Bluetooth対応のイヤホン・ヘッドホンで登場する、2つの用語を解説しておきたい。

 まずは近距離無線通信「NFC」の対応だ。ワイヤレスのイヤホン・ヘッドホンの購入後、スマートフォンとイヤホン・ヘッドホンのBluetoothをペアリングする必要がある。このとき、スマートフォンと対応イヤホン・ヘッドホンをタッチするだけでペアリングを完結させる機能がNFCだ。ただし、iPhoneは非対応なので、あくまでもAndroidのスマートフォン専用の機能となる。

 もう一つは、ワイヤレスの音質劣化を抑える高音質コーデックへの対応だ。iPhoneに向けた高音質化は「AAC」、Androidに向けた高音質化は「aptX」を用いるのが一般的。Bluetoothで高音質な音声を伝送することができ、対応モデルでは製品スペック内に紹介されている。

 なお、製品パッケージなどを見ても特に記載のないものは、Bluetooth製品が対応している標準的な音声伝送方式「SBC」のみの対応だ。

 以上を踏まえて、一般的なイヤホン、ヘッドホンとスポーツ用イヤホンから1万円以下で売れ筋の6製品をピックアップし、その実力を筆者(編集部注:AV評論家の折原一也氏)が評価した。

 なお、Bluetoothのイヤホン・ヘッドホンは、有線タイプのイヤホン・ヘッドホンと比べると音質では一歩劣る。そのため音質だけでなく、装着感や操作性なども含めた総合評価として各製品をレビューした。