ACTIVO(アクティヴォ)から4月下旬に登場したハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー「CT10」は、一見するとただのコンパクトなプレーヤーだが、そこにはハイレゾ対応製品の将来を左右しそうな秘密が隠されている。

 ACTIVOはハイレゾ音源を中心にした音楽配信サイト「groovers」を運営する、grooovers Japanが立ち上げたブランドだ。開発には音楽プレーヤーのメーカーとして有名な韓国アイリバー社のAstell&Kern(アステル・アンド・ケルン)が協力している。

音楽配信サイトのgrooversが企画・開発したACTIVOのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー「CT10」
[画像のクリックで拡大表示]

 CT10の実売価格は本稿執筆時点(5月1日)で4万円を切っている。これはハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤーとしては安く、コストパフォーマンスが高い製品だと言える。また本体が小型で、片手持ちで楽に扱えるのも特徴だ。