講談社は、ネット上に自分だけの書店を開設できるサービス「じぶん書店」を5月15日より正式に開始した。同社が販売する電子書籍(漫画を含む)の中から好きな本を集め、推薦文とともに公開して販売できる。

 “自分だけの書店を経営できる”という本好きの琴線に触れるユニークなサービスについて講談社の吉村 浩氏と佐藤敏浩氏にその狙いなどを聞いた。

じぶん書店のトップ画面。スマートフォンに最適化され、ボタンや文字が大きく配置されている
[画像のクリックで拡大表示]

電子書籍の“気づきの場”を作りたい

 じぶん書店は、3月9日に概要が発表され、4月20日に事前登録がスタート。ツイッターやフェイスブックで話題になったことなどから、予想を上回る登録者数になっているという。内訳としては20代から40代が多いようだ。5月15日の時点では、約4000の一般ユーザーの書店がオープンした。

 本好きにとってありそうでなかったじぶん書店を開設するきっかけについて吉村氏と佐藤氏は「個々の作品に気づいてもらうこと」と口をそろえた。その背景には現在の電子書籍の販売方法が抱える問題がある。

 「(講談社が発行する)約3万2000冊の電子書籍のうち、販売する各サイトのトップ画面に並ぶ作品はせいぜい10点が限界です。ユーザーが意図を持ってタイトル名を検索しないと、個々の作品にたどり着けません。そのためユーザーが知らない作品を、そのユーザーに認知して気づいてもらうのが難しい状況です」(吉村氏)

 では、電子書籍の“気づきの場”をどのように作るのか? すぐに思い浮かぶのは電子書籍の書棚や書評のサービスだろう。だが、「書評サービス」というと、どうしてもユーザーが堅苦しく身構えてしまうためなかなか広まらないと考えた。

 「書評ではなく、シンプルに作品を『面白い』と伝えられるサービスを模索しました」と吉村氏。

 その結果、すでに世の中にある販売報酬サービスである「アフィリエイト」を一歩進めた仕組みとして、“書店+アフィリエイト”という形が企画された。それが今回のじぶん書店になった。トップ画面を見てもらうと分かるが、利用者が思い思いの書店名を付けられるなど、本好きなら「ちょっとやってみたい」と思えるサービスに仕上がった。

 「『昔、学校でクラスの誰かが買ってきた面白い本を借りて本を知った』という体験は誰にでもあります。同じような体験ができる場になってもらえたらと思います。無料で使えるので、ぜひ子どもたちにも使ってもらって、本を読むきっかけや新しい本と出会う場にしてほしいです」と吉村氏は語る。

講談社 販売局 局次長(デジタル事業統括担当)宣伝部 部長 ライツ・メディアビジネス局 局次長 吉村 浩氏(左)と、販売局 デジタル第一営業部 佐藤敏浩氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]