木製用品を製造する「土佐龍」は、2in1でふるさと納税ページを編集

 次に訪れたのは、木製家庭用品の製造販売を行っている土佐龍である。土佐龍は、木のまな板や洗濯板が人気で、須崎市のふるさと納税の返礼品も提供している。四国は林業も盛んで、土佐龍で使っている木材もすべて四国で伐採されたものだという。店舗に隣接している工場でさまざまな木製品を製造している。土佐龍では、2in1を活用して、ふるさと納税の返礼品紹介サイトを編集する考えだという。これまでは、市役所の担当者がサイトを編集していたので、作り手の思いなどをそのまま伝えることが難しかった。土佐龍の社員が直接サイトを編集することで、そうした思いを十分に伝えられると期待している。また、新製品を開発する際には、思いついたアイデアを紙にスケッチしている。2in1のスタイラスペンを活用すれば、デジタルデータでアイデアを残せるのでより便利になるという。

土佐龍代表取締役社長の池龍昇氏
[画像のクリックで拡大表示]
木製家庭用品の製造販売を行っている土佐龍
[画像のクリックで拡大表示]
土佐龍の木製品販売コーナー
[画像のクリックで拡大表示]
木製の食器や家庭用品など、多くの製品を販売している
[画像のクリックで拡大表示]
2in1を活用すれば、ふるさと納税の返礼品紹介サイトを土佐龍のスタッフが自ら編集することができる
[画像のクリックで拡大表示]
奥には工場が広がっている。これは木に穴を空けているところ
[画像のクリックで拡大表示]
大型の加工機械で木を削りだしているところ
[画像のクリックで拡大表示]
先ほどの機械で削り出したもの
[画像のクリックで拡大表示]

(文/石井 英男)