フェイスブックが「次のソーシャル」として開発に力を入れているのが、仮想現実(VR)を使ったSNSサービス。その未来が垣間見えるアプリが公開された。「攻殻機動隊」で見て憧れた「バーチャルSNS」は、ついに現実のものになるのか?

フェイスブック「Facebook Spaces」
[画像のクリックで拡大表示]

 米フェイスブックは4月18日(現地時間)、開発者向けカンファレンス「F8」のキーノートスピーチで、VRソーシャルアプリ「Facebook Spaces」を発表、提供を開始した。Facebook Spacesは、VR空間(仮想空間)でのソーシャルコミュニケーションを実現するアプリだ。

 現時点で本アプリはベータ版(試用版)という位置づけで、VRデバイス「Oculus Rift」用のコンテンツ配信プラットフォーム「Oculus Store」でのみ配信されており、他社のVRデバイスである「HTC Vive」や「PlayStation VR」では利用できない。また、Facebook Spacesを利用するためにはハンドトラッキングコントローラー「Oculus Touch」が必須と、利用のためのハードルが高い。

 フェイスブックはアップル、グーグル、マイクロソフトとさまざまなメーカー製OS用にアプリケーションを開発しているが、Oculus Riftを開発、販売するオキュラスを傘下に収めている以上は、他社のVRデバイス用にFacebook Spacesを提供する可能性は低いだろう。