ダッシュボードなどにホルダーで固定する。電源はシガーソケットなどから取る
[画像のクリックで拡大表示]

 国内大手メーカーのドライブレコーダーを購入すれば、前方カメラだけの製品でも8000円以上する。「毎日乗るわけではないので、できるだけコストを抑えたい」という人にお薦めなのが、スマートフォン(スマホ)用のドライブレコーダーアプリだ。

 スマホにはカメラもGPSも加速度センサーも入っている。ハードウエアはドライブレコーダーとそう変わらないわけだ。数百円の有料アプリもあるが、ほとんどのアプリは無料だ。あとは、スマホをダッシュボードなどに固定するホルダーを用意するだけ。

「DriveMate SafetyCam」(カーメイト) 画面上の信号を認識し、赤から青に変わったときに通知する機能がある。録画画質や運転支援など、その他の機能はSafety Sightとほぼ同等。走行距離を競うゲーム機能もある。対応はiOSのみ
[画像のクリックで拡大表示]

 単純な吸盤や磁石で固定するホルダーは事故の衝撃で吹っ飛ぶ恐れがあるので、強力な両面テープでしっかり固定するタイプがベストだ。長時間運転する場合は、シガーソケットをUSB給電ポートに変換する数百円のアダプターなどを用意し、充電しながら動かすとよい。

 iOSとアンドロイドの双方で使える無料アプリで定評があるのが、損害保険ジャパン日本興亜の「セーフティサイト」。事故や急ブレーキなどを検知して自動で録画する衝撃検知録画と、手動録画の機能がある。急ハンドルや急加速の回数などを計測して、安全運転かどうかを診断する機能はユニーク。車間距離が狭いときに警告するなどの運転支援機能もある。ただし、録画画質が640×480ドットと低解像度で、常時録画ができない点は、ドライブレコーダー専用機に見劣りする。

「Safety Sight」(損害保険ジャパン日本興亜) 12年8月から提供する無料アプリ。保険契約者でなくても利用できる。ただ、動画の解像度は640×480ドットに固定されており、ナンバープレートなどを読み取るのは困難。運転支援機能は充実している
[画像のクリックで拡大表示]
加速度センサーがアクセルやブレーキの踏み方などのクセを分析し、100点満点で「運転診断」する
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、一部のスマホアプリは、常時録画にも対応している。アンドロイド用アプリの「アウトガード」のように、スマホのカメラさえ対応していればフルHDで撮影できるアプリもある。

 残念ながらスマホが専用機に及ばないのが、カメラの撮影範囲(画角)。専用機では左右100~130度の範囲を撮影できるが、スマホのカメラは同60度前後が一般的だ。交差点などで横方向から出てくる車両は、ぎりぎりまで撮影できない可能性が高い。また、スマホは高温だと不安定になりやすいため、夏場は室温にも気を配る必要がある。できればスマホアプリは、ドライブレコーダー購入前の試用やレンタカーでの利用にとどめ、自家用車では専用機を購入するのがお勧めだ。

無料で利用できる主なドライブレコーダーアプリ。一部はスマホOSのバージョンによっては使えない
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、最近では大手損保会社が、ドライブレコーダー専用機を月額数百円でレンタルできるサービスを契約者向けに始めている。通信機能を内蔵し、保険会社との連絡や映像の送信ができるのが特徴だ。保険会社として力を入れているのが、運転スキルの診断サービス。例えば、東京海上日動火災保険の「ドライブエージェント パーソナル」では、「平均的な同年代の運転よりも急ブレーキが多い」といった運転のクセを自覚できる。上記2社の保険に入っているなら、専用機を格安で試せるチャンスだ。

 ただ、これらのサービスを1年以上使うとレンタル料で新品が購入できる計算になる。またレンタル機には後方カメラがないなど、必ずしも事故対策でベストな機種ではない。数カ月間レンタルしてみて、通信や運転診断などの機能に魅力を感じなければ、市販の高機能機に乗り換えるのも選択肢だ。

「DRIVING!」(損害保険ジャパン日本興亜)は月額850円(年払いで9720円。ともに非課税)。本体が強い衝撃を受けると、保険会社や家族などに通知される。契約者のスマホに届いたSMSなどから警備員などを呼び出せる
[画像のクリックで拡大表示]
「ドライブエージェント パーソナル」(東京海上日動火災保険)は月額650円(非課税)。毎年1回、契約者の運転傾向をまとめた「安全運転診断レポート」が届く。同世代とも比較可能
[画像のクリックで拡大表示]

(文/大橋源一郎=日経トレンディ編集)

※日経トレンディ2018年4月号の記事を再構成