ヘッドバンドが特徴的な骨伝導ヘッドホン
「TREKZ AIR」

骨伝導タイプでは一般的なヘッドバンドで装着する
[画像のクリックで拡大表示]

 「耳をふさがない」と聞いて真っ先に浮かんだのが、アフターショックスの骨伝導ヘッドホン「TREKZ AIR」。骨伝導とは、鼓膜を経由せず、骨を振動させて音を伝える仕組みだ。「TREKZ AIR」の場合は、こめかみの少し下あたりにスピーカー部分が触れるように装着する。

 「TREKZ AIR」を装着して音楽を聴いたときの第一印象は、頭の中で音楽が流れている……。耳をふさいでいないので、周りの人の話し声や街の喧騒はそのまま耳から入ってくる。音楽と周囲の音、2つの音が同時に聞こえるのが不思議な感じだ。

 音質は一般的なイヤホンに及ばないが、歌詞はしっかり聞き取れるし、低音も感じ取れる。ただし音量を上げると、それに伴って振動が激しくなり、音漏れもするので上げすぎには注意したい。また、顎を動かすと音の聞こえ方が変わるところも少し気になった。

眼鏡の上から掛けても問題ないが、スピーカー部がテンプル(つる)に触れた状態だと眼鏡が振動してくすぐったい
[画像のクリックで拡大表示]