両者ともに13型クラスのディスプレーと700g台の重さを両立。NECはタッチディスプレー搭載で、キーボードを液晶の背面に回せばタブレットのように使うことができる。サイズはほぼ同等だが、公称の駆動時間は富士通のほうが長い(写真:近森千展、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 縮小が続いてきたノートPC市場。だが、調査会社のBCNによると2017年のノートPC市場は販売台数が前年比102.8%、販売金額が同101.5%とようやく底を打った。JEITA(電子情報技術産業協会)の調査では、17年度第3四半期の「モバイルノート」の出荷台数は前年比115%と他ジャンルよりも大きく伸長。追い風となっているのが13型クラスの軽量モデルだ。

 このジャンルで激しく火花を散らしているのがNECパーソナルコンピュータ(以下、NEC)と富士通。17年1月に富士通が13.3型で約777gの「世界最軽量モデル」をリリースすると翌2月にはNECが約769gの13.3型モデルを発表して対抗。10月には富士通が約748gの新モデルで再び逆転するなど、まさに身を削るような軽量化の戦いが繰り広げられているのだ。

NECパーソナルコンピュータはタッチディスプレーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 モバイルノートのポイントである、「重さ」と「バッテリー駆動時間」はトレードオフの関係。両社の最軽量モデル「LAVIE Hybrid ZERO HZ350/GA」と「LIFEBOOK UH75/B3」を比較してみたところ、モバイル性で優位に立ったのは富士通だった。公称の駆動時間はNECの約6.5時間に対して、より軽い富士通は約8.3時間。高負荷をかけた状態のベンチマークテストでも富士通がリードした。本体やACアダプターも富士通のほうが軽い。

 両モデルとも見た目は同じ薄型ノートPCだが、細かな機能に注目すると方向性の違いが明らかになる。

 NECは360度回転するタッチディスプレーを搭載しており、キーボードを液晶の背面に回せばタブレットのようにも使える「2in1モデル」。簡単なプレゼンや商品説明など、ディスプレーを第三者にも見せながら使うようなシーンに特に向いている。折りたたんでタブレットスタイルにすれば、縦型のビジネス書類を大きく画面表示でき、相手にも見せやすい。

 コンパクトでありながらもPCとしての機能が充実しているのは富士通だ。デスクトップPCと遜色のないキーピッチ19mmのフルサイズキーボードを採用し、文字入力にストレスは全く感じなかった。キーボード部には指紋センサーを搭載。パスワードを入力せずにウィンドウズにログインできるなど、情報保護の面でも安心して使える。