会議で役立つApple Pencil

 12.9インチのときに話題となった純正スタイラスペン「Apple Pencil」は、9.7インチiPad Proでも使える。ずっと気になっていたので、早速Apple Pencilで文字を書いてみたら、その書き心地のよさに驚いた。

 実は筆者はスタイラスペンにはこだわりがある。これまでも定評のある「Su-Pen」を使ってそれなりに書きやすいとは思っていたが、Apple Pencilの書き味はSu-Penをはるかに凌駕する。

 さらに筆者が感動したのは、Apple Pencilを使って書くとき、書いている手を浮かせておかなくてもいいという点だ。

 既存のスタイラスペンを使うときは、まるでお習字をしているかのように、手を浮かせて書かなければならなかった。うっかり画面に手を置いてしまうと、その手にiPadが反応して文字が書けなかったり、変な部分に線が入ったりするからだ。ところがApple Pencilは、画面の上に手を置いていても、そういったトラブルが起きない。

以前からメモを取るときに使っていたアプリ「Noteshelf」に文字を書いてみた。Apple Pencilを使えば、思った通りの文字がスラスラと書ける。手のひらを載せていても誤動作することはない
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は、会議中にApple Pencilをよく使う。会話の内容をメモする際、話を聞きながら書くことになるので、どうしても走り書きになってしまう。これまで使っていたスタイラスペンは、速く書けば書くほど線が飛んでしまったり反応が遅れてしまったりして、なかなかうまく書けなかった。しかしApple Pencilを使うようになり、思った通りの字が書けるようになったので、とても気分がいい。

 最近は、手書き文字をテキストに変換する入力アプリ「mazec」を使い、Apple Pencilでテキストメモをとるようにしている。手書きではなく、テキストメモであれば、書いた後すぐに同席したメンバーへメールし、メモを共有することができるからだ。これまでは、手書きメモを見ながらテキストを作成し、そのデータをメールで共有していたが、mazecを使うようになってからというもの、その時間を半分に短縮できるようになった。

 仕事以外では、目的地の場所を伝える手書きメモを作成するのにも使っている。レストランへの行き方を伝えたいとき、そのレストランのWebページに地図が掲載されていることがよくある。その地図に直接、道順を説明するメモを追記したいと思ったら、WebページをPDFに変換し、そこに手書きメモを追記してメールすればいい。こういった用途にも、Apple Pencilは有利だ。書きながらペン先がよく見えるため、Webページに載っている地図のような細かい場所にも、正確に書き込むことができる。

PDF ConverterでWebページをPDF化し、PDF Expertで手書きメモを書き込んだところ。こういった作業も、Apple Pencilなら簡単にできる
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、Apple Pencilを使っていると、いくつかの不満が出てきたのも事実だ。特に描いているときの不満といえば、その大きさと重さだろう。Apple Pencilは、名前こそ”鉛筆”だが、普通の鉛筆をはるかに超える長さと重さがある。さらに重心も比較的上のほうにあるので、真ん中あたりを持っていると、手にもたれかかってくるような感覚があり、書きにくい。

 では「上のほうを持てばよいか」と試してみたが、これはせっかく手を置いて書けるはずのものが置けなくなり、今までのスタイラスペンと同様に、書いているうちに疲れてきてしまう。このあたりは、ぜひ次のApple Pencilで改善してほしいところだ。