[画像のクリックで拡大表示]

 最近の100円均一ショップ(100均ショップ)は、日常生活に必要なものは何でもあるのではないか、と思えるぐらい品ぞろえがよい。iPhoneの充電に使うケーブルも、多くの100均ショップで販売されている。

 気になるのは、純正ケーブルの代わりとして使えるのかどうかだ。ケーブルおよび関連商品を購入し、実際に給電能力の違いを比べてみた。

 今回は、ダイソー3店舗、セリア2店舗、キャンドゥ3店舗の計8店舗を回って商品を集めた。どのケーブルも明確に「iPhone 7」対応とは表示されていないが、今回はiPhone 7(iOS 10.3.1)で使用した。いずれも特に問題なく充電できた。

充電専用で、急速充電には非対応

 iPhoneの純正ケーブルは「Lightning - USBケーブル」と呼ばれている。iPhone本体のLightningポートを、充電器やパソコンのUSBポートに接続して使用する(以下、Lightningケーブルと表記)。

 純正のLightningケーブルのプラグ部分はリバーシブルで、上下関係なく接続できる。また、充電機能以外に、パソコンに接続したときにパソコンのiTunesなどとデータを同期し、バックアップする機能もある。

 一方、今回、100均ショップで確認したiPhone用の充電ケーブルはいずれも「充電専用」と記されており、パソコンとの同期には使えなかった。またiPhoneと接触する金属端子は片面にしかない。充電するにはケーブルに「UPSIDE」と書かれた面を上にしてiPhoneに接続する必要があり、注意が必要だ。

 また、どのケーブルも1.5A以下の充電器にしか対応しておらず、2A以上の電流を流す「急速充電」には使えない。誤って急速充電器と接続すれば、ケーブルや充電器の破損、最悪はiPhoneの故障原因になる可能性があるので注意しよう。iPhoneに付属の充電器は1Aなので問題なく使える。

 製品の比較のため、純正LightningケーブルをiPhone付属の充電器に接続し、流れる電流を測定したところ、0.97Aでの給電となった。こちらを参考値として、ケーブルの形状ごとに比べていこう。

端子が片面にしかないため、iPhoneに接続するときは「UPSIDE」と表示のある側をiPhoneの前面に向けて接続しなければ充電できない
[画像のクリックで拡大表示]
1.5A以下の充電器で使用するようにと表示されている。2A以上を使う急速充電器には対応していない
[画像のクリックで拡大表示]
電流・電圧テスターを使って、急速充電可能な充電器にLightningケーブルを接続して測定したところ1.77Aで安定。付属の充電器では0.97Aだった
[画像のクリックで拡大表示]