ガーミンジャパンは2017年4月25日、GPS付きスポーツウオッチ「ForeAthlete 935」、心拍や睡眠時間などを計測できるアクティビティートラッカー「vivosmart 3」、子供の歩数や睡眠時間などを計測できる「vivofit jr.」の3製品を発表した。ForeAthlete 935は5月中旬発売で希望小売価格は5万7800円、vivosmart 3は5月下旬発売で希望小売価格は1万8334円、vivofit jr.は4月下旬発売で希望小売価格は9241円。

発表会では、タレントでトライアスロン選手でもある道端カレンさん(中央)らが登壇。競技や普段の生活の中で、ガーミンの製品をどう使っているかなどを語った
[画像のクリックで拡大表示]

高機能スポーツウオッチ「ForeAthlete 935」

 「ForeAthlete 935」は、気圧高度計やGPSを搭載する主にランニング・トライアスロン向けのスポーツウオッチだ。ランニングフォームの解析機能が特徴で、付属の「Running Dynamics Pod」を背中や腰に装着すると歩調や歩幅、接地時間などを測定でき、理想のランニングフォームと比較してトレーニングに役立てられる。水中で使った場合は、泳いだ距離やストローク数(漕ぎ数)を測定できる。50m防水(5ATM)に対応し、重さは49g。充電式で稼動時間は時計モードで最大2週間。

スポーツウオッチ「ForeAthlete 935」。カラーリングは2種類で、バンドは工具なしで簡単に交換できる
[画像のクリックで拡大表示]

 また、過去7日間の運動履歴から運動の効果や過度な運動になっていないかをチェックする「トレーニングステータス」機能を搭載。無理のない最適なトレーニングに役立てられる。

 発表会に登壇したマラソンランナーの八木勇樹氏は「心拍を測定して管理できるところが気に入っている。これまで精神論で語られていたペース配分などを数値として可視化できる」と語った。