人気の「大容量」5選

 容量10000mAh以上だと、スマホを少なくとも2〜3回はフル充電できる。旅行や出張はもちろん、サイクリングや登山、キャンプといったアウトドア用途、災害時の緊急用電源としても人気の製品だ。複数のUSBポートを搭載したモデルだと、複数のスマホやUSB充電対応の周辺機器もまとめて充電できる。

●使いやすくて低価格「cheero Power Plus 3 10050mAh」

「cheero Power Plus 3 10050mAh」
[画像のクリックで拡大表示]

「cheero Power Plus 3 10050mAh」は、10000mAhクラスの中でも軽量かつ2ポート搭載、そして2000円台と低価格。使いやすくコスパも高い製品だ。カラーはホワイトとブラックに加えて、ローズゴールドも用意。男女問わず持ちやすい、柔らかい印象の製品となっている。

 USB端子を2つ搭載。出力は合計5V/2.4Aで、iPhone 7とBluetoothヘッドセットをまとめて充電するといった使い方に向いている。

2ポートで、iPhoneと周辺機器の充電に便利
[画像のクリックで拡大表示]

cheero Power Plus 3 10050mAh
cheero
https://www.cheero.net/products/powerplus3_10050/
実売価格/2080円
容量:10050mAh
出力:2ポート、合計5V/2.4A
入力:5V/2A
サイズ:約92 × 62 × 23 mm
重さ:約192 g
カラー:ホワイト、ブラック、ローズゴールド

●薄さと軽さを追求 テック「TMB-9KS2」

テック「TMB-9KS2」
[画像のクリックで拡大表示]

「TMB-9KS2」はスリム型並みの軽さと薄さを実現したモバイルバッテリー。容量9000mAhだが、その代わりに他の10000mAhクラスの製品と比べて30gほど軽く、薄さ12mmで収納しやすい。

 USB端子は二つ搭載し、それぞれ5V/2.1Aと5V/1Aを供給する。カラーは4色で、ブラックをベースにポップな色が映える。派手すぎず、それでいて目につきやすい機能的なデザインだ。気になるのは性能が近いcheero Power Plus 3 10050mAhとの価格差だ。安さと容量を選ぶか、スリムさと軽さを重視するのか好みで選ぼう。

軽量スリムだが2ポート搭載。スマホともう一つ省電力なUSB機器の充電に向いている
[画像のクリックで拡大表示]

TMB-9KS2
テック
http://www.tecnosite.co.jp/electronics/pc/mobilebattery/tmb-9ks2/
実売価格/3500円前後
容量:9000mAh
出力:2ポート、5V/2.1A、5V/1A
入力:5V/2.1A
サイズ:約143 × 54 × 12 mm
重さ:約166 g
カラー:ブルー、ピンク、オレンジ、イエロー

●Androidに最適「Anker PowerCore Speed 10000 QC」

「Anker PowerCore Speed 10000 QC」
[画像のクリックで拡大表示]

 「Anker PowerCore Speed 10000 QC」は急速充電規格「Quick Charge 3.0」に対応したモバイルバッテリーだ。急速充電規格対応モデルだが、軽量かつ安価なのでここで紹介する。

 特徴は、XperiaやGalaxyシリーズなどQuick Charge 3.0または2.0に対応した高性能Androidスマホを、一般的なモバイルバッテリーよりも高速に充電できる点だ。スマホの機種にもよるが、一般的なモバイルバッテリーだと1時間で50%充電するところを、1時間で70%程度まで充電できる。Quick Charege 3.0または2.0対応スマホを持っている人にオススメの製品だ。

XperiaやGalaxyなど、Quick Charge 3.0または2.0対応のスマホを急速充電できる
[画像のクリックで拡大表示]

Anker PowerCore Speed 10000 QC
Anker
https://jp.anker.com/products/A1266011/
実売価格/2999円
容量:10000mAh
出力:Quick Charge 3.0対応(5V/3A〜12V/2A)
入力:5V/2A
サイズ:約100 × 63 × 22 mm
重さ:約198 g
カラー:ブラック

●定番モデルが機能強化「cheero Power Plus 3 13400mAh」

「cheero Power Plus 3 13400mAh」
[画像のクリックで拡大表示]

 モバイルバッテリーのベストセラー「cheero Power Plus 3 13400mAh」が、2017年4月より若干の仕様変更を行った。従来モデルは2ポートで5V/2.4Aと5V/1Aの構成だったが、2ポートで5V/3.4Aになっている。これにより、スマホを2台つないだ場合に片方の製品だけ充電が遅くなるということがなくなった。

 13400mAhの容量としては小型軽量なうえに、出力も大きくバランスがとれた製品だ。現在では、やや価格は高くなるがバリエーションデザインモデルの「cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD Version」も販売されている。

細かい部分だが、2ポート合計5V/3.4A出力に仕様変更された。スマホ2台や、スマホとタブレットをより効率よく充電できる
[画像のクリックで拡大表示]

cheero Power Plus 3 13400mAh
cheero
https://www.cheero.net/products/powerplus3/
実売価格/2580円前後
容量:13400mAh
出力:2ポート、合計5V/3.4A
入力:5V/2A
サイズ:約92 × 80 × 23 mm
重さ:約245 g
カラー:ホワイト

●大容量モデル「Anker PowerCore II 20000」

「Anker PowerCore II 20000」
[画像のクリックで拡大表示]

 「Anker PowerCore II 20000」は、20000mAhの大容量に加えて、出力が合計5V/6AのUSB端子を3つ搭載。3つのスマホをまとめて素早く充電できる。大型なので毎日の持ち歩きには向かないが、登山などのアウトドアや複数人での旅行で活躍する。

 20000mAhクラスの大容量モデルは、モバイルバッテリー本体の充電に10時間以上もの時間がかかる。だが、このモデルではUSB充電器2ポートと2本のケーブルで接続することで、充電時間を6時間に短縮できる。

USB充電器2ポートを使って、モバイルバッテリー自体の充電時間を短縮。急速充電規格に頼らないぶん、さまざまなマルチポートUSB充電器を利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

Anker PowerCore II 20000
Anker
https://jp.anker.com/products/A1273011
実売価格/4399円前後
容量:20000mAh
出力:3ポート、合計5V/6A
入力:2ポート、5V/2A、5V/2A
サイズ:約159 × 66 × 27 mm
重さ:約383 g
カラー:ブラック