任天堂が今年3月に発売した据え置き型ゲーム機「Nintendo Switch」は今なお品薄状態が続いていますが、同時に発売されたゲームソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』もヒットを飛ばしています。「ファミ通」調べでは、Switch版『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の国内推定累計販売本数は4月9日時点で34万8467本。北米でも好調で、米任天堂は4月13日、販売本数が130万本以上(このうちSwitch版は92万5000本以上、Wii U版は約46万本、NPD調べ)に達したことを明らかにしました。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。発売中。6980円(税別)
[画像のクリックで拡大表示]
ゼルダ姫のため、主人公リンクは災厄を封じる冒険に出る (c)2017 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]

 それも当然――今回の「ゼルダ」は、そう叫んでしまいたくなるほどの出来です。ハード発売前には、ネット上に「Nintendo Switchは、ソフトが少なすぎる!」というゲーマーからの懸念の声もありましたが、今、それはピタリと止まりました。皆、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に夢中になり、「これ1本あれば、まったく文句ないぜ!」と満足したために起きた現象と思われます。

 しかも、ゲーマーたちを唸らせるような密度ぎっしりのゲームであるにもかかわらず、「難しすぎて、行き詰まっちゃった……」といった不満の声も、ネット上にはほとんどありません。これは、あまりゲームがうまくない人も、ちゃんと楽しめているためでしょう。

 わたしは120時間ほどかけてクリアしましたが、過去作すべてが名作ばかりの「ゼルダ」シリーズの中でも、間違いなく、「これがシリーズ最高傑作!」と断言できます。ゴリゴリのゲーマーを満足させる作品であると同時に、ゲームに慣れていない人を楽しませ、夢中にさせてしまうという、奇跡的なバランスが保たれたゲームとして、ゲーム史にその名を刻むような1本だと思います。