若者を中心に、自家用車を持つ人が減ったといわれる一方で、近年、利用者が増えているのがカーシェアリングサービスだ。今回紹介するのは、企業が個人にクルマを貸すタイプ。駐車場事業者やレンタカー業者などが展開していて、タイムズ24の「タイムズカープラス」、オリックス自動車の「オリックスカーシェア」、三井不動産リアルティの「カレコ・カーシェアリングクラブ」などがある。

 カーシェアリングサービスの代表格は、タイムズ24の「タイムズカープラス」だ。2009年10月のサービス開始から約7年たった現在の会員数は78万3282人。タイムズの駐車場など全国9091カ所にあるステーションには、31車種、1万7492台のクルマを用意している(いずれも2017年3月末時点)。

タイムズカープラスのウェブサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 タイムズカープラスでは、月額1030円(個人の場合)を支払って会員になると、15分206円からクルマを借りられる。長時間利用したい人には、6時間で4020円、12時間で6690円といったパックプランもある。

 予約はパソコンやスマートフォンアプリから。借りる当日は、予約したクルマに会員カードをかざすとドアロックが解除されるので、車内にあるクルマのキーを取り出して利用すればいい。近距離ならば、給油は不要。給油する場合でも、車中に設置してある決済用カードで支払う仕組みになっていて、その代金はタイムズ24が負担する。また、保険料も月額基本料や利用料金に含まれるので、別途支払う必要がない。

 地域や時期によっては予約が混み合うので、自家用車のように思い立ったらいつでも乗れるというわけではないが、保険や駐車場代といったクルマの維持費がかからないのはメリット。また、レンタカーと比べると、夜間や早朝でも15分から借りられて、ショップでの手続きも不要なので手軽だ。普段はクルマに乗らないが、「週末にドライブしたい」「たまに買い出しに行く」など、ある程度計画的にクルマを使う人には適したサービスだ。

ウェブサイトまたはスマートフォンアプリから予約できる。「現在の燃料残目安」ではガソリンの残量を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
予約当日は、予約したクルマのカード読み取り部に会員カードをかざしてドアロックを解除して乗車する
[画像のクリックで拡大表示]