ゴールデンウィーク(GW)は海外旅行シーズン。あるいは、今から夏の海外旅行を考えている人もいるだろう。近々、海外出張を控えている人もいるかもしれない。そこで気になるのは、海外でのスマホの利用方法だ。この記事では、海外でスマホをお得に使う方法を紹介していく。

海外でのスマホ利用はずいぶん安くなってきた

 海外でのスマホや携帯電話の利用料金といえば、数年前は高いイメージがあったかもしれない。だが、ここ1~2年で海外でのデータ通信料金を安く利用する方法が増えてきた。NTTドコモやauのように、海外での通信料を安くするキャンペーンを実施するキャリアもある。

ドコモはGWから夏の時期に合わせて、980円で24時間使い放題のキャンペーン対象国を拡大。auも163の国と地域で同様のキャンペーンを実施している
[画像のクリックで拡大表示]

 海外での発信通話の国際ローミング通話料は、今も150円/分あたりと高いままだ。着信通話にも通話料の支払いが必要となる。だがこれも、データ通信環境さえ用意できれば、LINEやSkypeなどのネット通話や、050番号のIP電話と着信転送をうまく使うことで回避できる。昔の携帯電話ではできない、スマホならではの利点だ。

 注意点といえば、日本の有料動画配信や音楽配信は海外での利用を制限していることが多い。最近は通信や通話にかかる料金よりも、利用サービス自体の制限のほうが気になる状況となっている。

データ通信さえつながれば、LINEなどのアプリで日本や現地と気軽に連絡をとれる
[画像のクリックで拡大表示]

 つまり、海外ではデータ通信の料金をいかに安く確実に用意できるかがポイント。そのための具体的な方法を紹介しよう。より楽に利用できる方法から順に紹介していく。掲載価格は海外利用が中心なので原則税抜き価格で表記する。

 なお、この記事の情報は2017年4月20日時点のものだ。もし実際に利用する場合は、必ず自分自身で目的のサービスの最新情報や操作方法を確認してほしい。海外での利用サービス内容や料金は短い周期で変わり続けているので、少し前の情報が役に立たないことも珍しくない。

【この記事の内容】

・ドコモ、au、ソフトバンクの利用者は海外利用の値下げでお得に
・格安SIMは海外データ通信不可、代替手段が必要
・海外WiFiルーターのレンタルは初心者にお薦め
・日本で海外渡航SIMやiPad用Apple SIMを手に入れる
・上級者は「現地プリペイドSIM」にトライ
・飛行機Wi-Fiの速度はどのぐらい出る?