[画像のクリックで拡大表示]

 2016年9月の「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」発売から半年が経ち、SIMロックが解除できる時期を迎えた。これを機に、大手携帯電話会社よりも通信料金が安い「格安SIM」に乗り換えて、通信料金を節約しようと考えている人もいるだろう。

 格安SIMは、NTTドコモやauのネットワークに相乗りしているものがほとんどだ。そのため、特にソフトバンクのiPhoneから格安SIMに乗り換える場合、ネットワークが異なるために、SIMロックの解除が必須だった。

 ところが2017年3月22日、ソフトバンクのネットワークを使う格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」(以下「開幕SIM」)がサービスを開始した。ソフトバンク版のiPhoneでも、SIMロックを解除せずに乗り換えられる格安SIMが登場したのだ。

 そこで、ソフトバンク版のiPhone 7でソフトバンク系格安SIMにそのまま乗り換える場合と、SIMロックを解除してドコモ系の格安SIMに乗り換える場合とでは、どちらがお得なのか試算してみよう。