2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修化されることもあり、子どもを対象としたプログラミング教室やプログラミング教材に注目が集まっている。デルはCSR活動の一環として、子どもや若者がITに親しめるようになるためのプログラムを世界中で展開している。2018年4月7日、デルの広域営業統括本部が「親子でRubyプログラミング1日体験教室」を開催した。

プログラミング体験教室は川崎市にあるデル本社の社屋内で行われた
[画像のクリックで拡大表示]

コンピューターになったつもりで体を動かす

 このプログラミング体験教室は、「Rubyアソシエーション認定教育機関Gold」として登録されているリバティ・フィッシュとデルの広域営業統括本部が共同で実施しているもので、2018年1月に大阪で第1回のイベントが開催されている。今回の参加者は小学生から中学生までの子どもとその保護者の7組で、それぞれの組にメンター役としてデルのスタッフが1名ずつ付いていた。

 最初にデル執行役員 広域営業統括本部 統括本部長の清水博氏が登場。清水氏は「今日はRubyというプログラムの言葉を勉強しますが、Rubyは世界中で使われています。だから、ここで勉強したことは世界のどこにいっても通用します。その言葉を作ったのは日本人のまつもとさんという方です。まつもとさんは世界中のプログラマーに尊敬されている方で、日本の誇り、金メダルのような方です。今日はまつもとさんから直接教えてもらえるということで、いろいろな勉強ができると思いますので楽しみにしてください」と挨拶を行った。

司会進行を務めたデル広域営業統括本部 東日本営業部 統括部長の小川大輔氏
[画像のクリックで拡大表示]
デル執行役員 広域営業統括本部 統括本部長の清水博氏
[画像のクリックで拡大表示]

 続いてRubyの生みの親であるまつもとゆきひろ氏が登場し、「コンピューターになったつもりで遊んでみよう」と子どもたちに話しかけた。まつもと氏はまず、参加者の学年を順に聞き、学年ごとに「みぎてとひだりてのてのひらをぶつける」や「てをたたく」「もういちどてをたたく」のように、少しずつ難しくなる課題を出していった。このように命令に従って考え、体を動かすということは、コンピューターがプログラムを実行することと同じであることを伝えていた。子どもたちはみな楽しそうに体を動かしていた。

 まつもと氏は最後に、「コンピューターはルールに従っていれば、人の言うことを何でも聞いてくれるが、人が命令を間違えたらコンピューターも間違える。プログラミングは自分にとって魔法のようなものであり、魔法を自由に操るのはとても楽しい。だからプログラミングを勉強しましょう」と語り、次の講師にバトンタッチした。

Rubyの生みの親として世界的に知られるまつもとゆきひろ氏
[画像のクリックで拡大表示]
まつもと氏は「コンピューターになってあそぼう」と参加者に呼びかけた
[画像のクリックで拡大表示]
まず、「てをあげて」というスライドを表示させ、子どもの学年を順に聞いた
[画像のクリックで拡大表示]
該当する学年の参加者が手をあげた
[画像のクリックで拡大表示]
学年ごとに、少しずつ難しくなる課題が出された
[画像のクリックで拡大表示]
「てをたたく」と書く代わりに★で表す
[画像のクリックで拡大表示]
この場合は、★が2つ出てくるので、2回手をたたくことになる
[画像のクリックで拡大表示]
上級生にはこのような課題が出された。Zは休むという意味になる。これを実行すると三三七拍子となる
[画像のクリックで拡大表示]