[画像のクリックで拡大表示]

 スマホと組み合わせて手軽に音楽を聴けるBluetoothスピーカー。カジュアルに音楽を聴く用途に向くと思われがちだが、3万円以上の予算なら、オーディオ好きにも通用する高音質のスピーカーも登場している。(1万〜2万円台の売れ筋機種については、レビュー記事「1万〜2万円台の「売れ筋Bluetoothスピーカー」対決 安いのに高音質のコスパ高モデルは?」をご覧いただきたい)

 ビックカメラ有楽町店でオーディオ売り場を担当する坪生好龍氏によると「3万円以上の価格帯で人気を集めているのは、圧倒的にソニーのスピーカー。SRS-X99のようにハイレゾにも対応した6万円以上もする製品も人気」とのこと。Bluetoothスピーカーの枠にとらわれない高音質製品の市場は着実に広がっている。

 3万円以上のスピーカーには、ギターアンプメーカーとして知られるマーシャルブランドの「Stanmore」(5万4000円〜)や、スケルトンデザインが特徴的な「AURA STUDIO」(3万7000円)など個性的なスピーカーがそろっている。他にもハイレゾに対応したWi-Fiスピーカーもこの価格帯に含まれており、顔ぶれは実に多種多様だ。

ビックカメラ有楽町店でオーディオ売り場を担当する坪生好龍氏
[画像のクリックで拡大表示]
多種多様なスピーカーが揃う
[画像のクリックで拡大表示]

 今回はそんなユニークな顔ぶれの集まる3万円以上のBluetooth対応のスピーカー・オーディオ機器に拡大して、最新の注目モデル5機種をピックアップした。実機を視聴して5つ星で比較評価し、最後に僕(編集部注:AV評論家の折原一也氏)の選んだベストバイも紹介する。