マイクロソフトの「Microsoft Translatorアプリ」と「Skype翻訳」が2017年4月7日から日本語のリアルタイム翻訳機能に対応した。いずれもマイクロソフトの翻訳エンジン「Microsoft Translator」を使っており、英語、中国語(マンダリン)、フランス語、ドイツ語、イタリア語など9言語のテキストや音声を翻訳できる。

 Microsoft Translatorアプリはいわゆる翻訳アプリで、iOS版、Android版、Windows版がある。以前からテキストで入力した文章やスマートフォンのカメラで撮影した文章などを指定した言語に翻訳してくれる機能はあったが、今回のアップデートで音声入力した日本語も翻訳できるようになった。

 Skype翻訳は、インターネット通話サービス「Skype」に含まれる機能だ。Skypeの利用時は、相手の言っていることがうまく聞き取れなかったときなどにテキストを入力して確認することも多いので、この機能があるといろいろはかどりそうだ。

 日本語ネイティブで、英語とフランス語、イタリア語を勉強中の筆者・堀井塚にとっては非常に興味深いニュースである。しかし、メールを読んで最初に思ったのは、「どの程度使えるのか」だった。

 テキスト翻訳は最近ずいぶんと精度を上げてきているが、それでもまだ実用レベルには届かない。短い定型文の翻訳はほぼ問題ないのだが、話し言葉や慣用表現には、まだまだ対応できていないというのが正直なところだ。不思議な日本語でブレイクしたモデル・滝沢カレンのInstagramを読んでいるような感覚。「とんでもない誤訳をしてトラブルになったりしないだろうか?」と思う。

 Microsoft TranslatorとSkype翻訳はどれくらいの精度なのか、実際に外国人とコミュニケーションできるのか、それぞれのアプリで検証してみた。

「Microsoft Translator」はiOS版、Android版、Windows版のアプリがある。画像はWindows版のホーム画面。テキスト入力に加え、画面右にあるマイクのアイコンを押しながら端末に話し掛ければ音声による入力もできる
[画像のクリックで拡大表示]
Skype翻訳をタブレットで利用したときの画面。相手(スティーブ)が入力したテキストも英語から日本語に翻訳されて表示される。「元の言語の表示」や「翻訳の表示」をクリックすると、相手が入力した元のテキストや、自分が入力したテキストの翻訳結果も確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
Skype翻訳をパソコンで利用したときの画面。相手側の元の言語と翻訳が表示されるが、自分の入力については翻訳が表示されていない点はタブレットと少し違う
[画像のクリックで拡大表示]