[画像のクリックで拡大表示]

 我が家のリビングのテレビには今、ブルーレイレコーダーや「PlayStation 4」「Nexus Player」「Apple TV」「Amazon Fire TV」など、さまざまなテレビ向けデジタル機器が接続されており、さまざまなコンテンツを楽しんでいる。

 最近このなかに新しく仲間入りして、テレビ使用時間の多くを占めるようになったのがWindows 10搭載の「スティックPC」だ。

なぜスティックPCを使い込んでいるのか

 スティックPCはWindowsがインストールされたれっきとした「パソコン 」。マイクロUSBケーブルを接続して電源を供給しなければならないが、HDMI端子に接続するだけでテレビを「テレビパソコン」化することが可能だ。

 このスティックPCを他のデバイスよりも長く使うようになった理由のひとつは、汎用性の高さだ。2016年に入ってから各社から発売された最新スティックPCには、「Windows 10 Home 32ビット版」がインストールされている。64ビット専用のアプリケーションは利用できないが、それでもWindows向けに星の数ほど存在するソフトウェアを活用できる。

 例えば、筆者の場合はブラウザー「Chrome」とメモアプリ「Evernote」をテレビで利用している。この2つのアプリによって、ほかに使用しているPCやタブレットとブックマークやパスワード、メモを同期できるのは非常に便利だ。

 しかしスティックPCの最大のアドバンテージは、ウェブサービスやクラウドサービスのほとんどすべてを使える点にある。

 たとえばNexus Playerでは「Googleフォト」、Apple TVでは「iCloud」、Amazon Fire TVでは「Amazon Cloud Drive」にアップロードした写真などを鑑賞できるが、それぞれのデバイスで別のサービスを利用することは基本的にできない。Nexus PlayerやAmazon Fire TVにAndroidスマホ用アプリをインストールすれば一部可能だが難易度は高い。

 ところがWindowsがインストールされたスティックPCであれば、ウェブブラウザーから「Googleフォト」「iCloud」「Amazon Cloud Drive」すべてにアクセスできるし、それぞれのアプリケーションをインストール可能だ。「OneDrive」はもちろんのこと「Googleドライブ」や「Dropbox」などのクラウドサービスだって利用できる。

 また、動画配信サービスの「Hulu」で「FOXチャンネル」などのリアルタイム配信を見られるのはウェブサービス版だけだ。Nexus Player、Apple TV、Amazon Fire TV向けにHuluアプリはリリースされているが、リアルタイム配信を視聴する機能は搭載されていない。FOXチャンネルでリアルタイム配信される「ウォーキング・デッド」をいち早くリビングの大画面テレビで観たいのなら、スティックPCがもっとも便利だ。

スティックPCならウェブブラウザーで「Hulu」のリアルタイム配信をそのまま視聴できる
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに筆者の場合、ウェブブラウザー版のメーラーやスケジューラーを利用しており、短めのメールならスマホで、長めのメールはスティックPCで済ましている。わざわざ自室に戻ってPCを立ち上げる必要がないのは実に快適だ。

 ノートPCやタブレットを持ち歩けばいいかもしれないが、それでは仕事に追われている気分になる。リビングでのんびりテレビを眺めている間ぐらいは、できればノートPCやタブレットを遠ざけておきたいところだ。