キータッチのよさやキーピッチの広さ、小型軽量にこだわったPFUのパソコン用高級キーボード「Happy Hacking Keyboard」に、ファン待望のBluetoothモデル「Happy Hacking Keyboard Professional BT」(以下、HHKB-BT)が登場した。定評のあるキータッチや本体サイズに手を加えず、タブレットやスマホなどのスマートデバイスでも広く使えるようにした。たとえタブレットでも入力環境に妥協したくない…と考えるユーザーにとっては見逃せないBluetoothキーボードとなりそうだ。PFUの直販サイト「PFUダイレクト」限定の販売となり、直販価格は2万7500円。発売は4月25日。

PFUの高性能キーボード「Happy Hacking Keyboard Professional」に待望のBluetooth版が登場した。見た目やサイズ、打鍵感は定評のあるUSB版から変えていない
[画像のクリックで拡大表示]
不要なキーを省いてキーを極力大きくした配列と、奥行きや幅を抑えた独自のスタイルはUSB版と同じだ
[画像のクリックで拡大表示]
乾電池などの収納部がある背面が円筒形に膨らんでいるのが外観の大きな違い。左端にあるのは電源ボタンだ
[画像のクリックで拡大表示]

 ワイヤレス接続はBluetooth 3.0に対応しており、多くのパソコンやタブレット、スマホで利用できる。マルチペアリング機能を備えており、最大4台までのデバイスの情報を記録して自動的に接続できる(5台目のデバイスを接続した場合、接続したのが古い順に登録情報が削除される)。

 電源は単3形乾電池×2本で、アルカリ乾電池の場合は約3カ月動作する。電池がなくなった場合、microUSB経由でパソコンやモバイルバッテリーと接続してキーボードに電力を供給することで、乾電池を使わずに動作する(USB接続でキーボードが使えるわけではなく、USBで電源を供給してBluetoothで接続する仕組み)。

電源は単3形乾電池を2本使用し、約3カ月ほど持つ。内蔵バッテリーは搭載しない
[画像のクリックで拡大表示]
乾電池がなくなった場合、microUSB経由で給電しながら使える。接続はあくまでBluetoothで、USB接続では使えない
[画像のクリックで拡大表示]
奥行きは120mmで、背面の出っ張りはちょうど1cmほどだ
[画像のクリックで拡大表示]
3段階で傾きを変えられる脚は健在だ。底面のラバーは粘りのある素材に変わり、キーボードが動きにくくなった
[画像のクリックで拡大表示]

 ワイヤレス接続以外の仕様は、USB接続の「Happy Hacking Keyboard Professional」と同じ。静電容量無接点方式のキーを採用しており、キーを底まで押し込まなくても入力できる。キートップの刻印は、キーの樹脂にインクを浸透させる昇華印刷方式を採用しており、刻印がはげる心配がなく使える。

 ラインアップは、英語配列モデル(PD-KB600B)、英語配列の無刻印モデル(PD-KB600BN)、日本語配列モデル(PD-KB620B)の3種類を用意する。直販価格はいずれも2万7500円で同じ。本体カラーは墨モデルのみで、USBモデルで用意していたホワイトモデルはラインアップしない。

従来のUSB版(上)との比較。奥行き以外のサイズは変わらず、キーボード自体の作りはまったく同じで打鍵感も変わらない。USB版のホワイトカラーは、Bluetooth版では用意されない
[画像のクリックで拡大表示]