任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の発売から、およそ1カ月。週末に入荷するや、当日のうちに店頭から消えていくという人気ぶりはいまなお続いており、スタートダッシュは順調なようです。

 この好調をけん引しているのが、ハードと同時に発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 』でしょう。100時間プレーしても、まだまだ謎が謎を呼んでプレーヤーを夢中にさせる大作でありまして、「とんでもない傑作!」と叫びたくなるようなゲームです。日本のみならず、世界中のゲームファンを満足させることに成功しています。

 Nintendo Switchというと、液晶や取り外せるジョイコンなど、見た目や機能面の新しさに注目が集まっていますが、実はビジネス面でも初めての取り組みがあります。そしてそこには、Nintendo Switchに込められている「ゲームの未来に向けたメッセージ」のようなものを感じます。そのメッセージはシンプル。Nintendo Switchは「世界をひとつの巨大市場」として見据えるゲーム機だ! ということなのです。

Nintendo Switch本体。いまなお全世界的な品薄状態が続いており、高い人気を誇っている。
[画像のクリックで拡大表示]