老舗ラジコンメーカーの京商が2016年11月25日に発売した「DRONE RACER(ドローンレーサー)」の売れ行きが好調だという。昨年12月のクリスマス商戦においては、ホビー模型の大手流通バイヤーが「売れた注目のR/C商品」としてドローンレーサーを挙げたほどだ。

 ドローンレーサーは、既存のドローンとは異なり「空高く飛んでいくことなく、低空飛行でレースを楽しむ」という斬新なコンセプトが予想以上に受け入れられ、既存のラジコンユーザーのみならず、多くのガジェット好きからも注目を集めている。また航空法の規制対象外のため、どこでも遊べるのも魅力だ。

 ラジコンレースといえばこれまではサーキットカーやバギーなどの4輪車が主流だっただけに、飛ばすだけでなくレースも楽しめるドローンレーサーはまさにエポックメイキングな存在。新たなカテゴリーの誕生を予感させる新商品の登場に、ラジコン業界の期待も高まっている。

 今までにない魅力と新たな可能性を併せ持つ「新機軸のラジコン」はどのようにして生まれたのか。開発者の声を交えてその秘密を探るとともに、実際の操作感や楽しさもチェックしていく。

京商の「ドローンレーサー」。カラーやボディーデザインの異なる「ダイナミックホワイト」「フォースブラック」「シャイニングレッド」「スマッシング イエロー」の4種類を用意する。実売価格は2万1500円前後
[画像のクリックで拡大表示]

高度はなんと「最大60cmまで」

 ドローンレーサーは、4枚のプロペラで飛行するという点では一般的なドローンと共通だ。

 だが、大きく異なるのは、基本的に35cmまたは60cmの高度でしか飛行できないということ。操縦者は機体の高度をほぼ操作することなく、通常のラジコンカーと同様に水平方向だけを操作することになる。

 この特徴は、ドローンの長所である大空への飛行を制限する機能でもある。しかし、メーンで開発を担った京商 R/C営業本部の石川博義氏によれば、「そもそも、既存のラジコンユーザーは『操作が難しい』という理由で、なかなかドローンに手が出せなかった。そこで、普通のラジコンと同じぐらい簡単に操作できるドローンを開発しようと考えた」という。

 実際、この高度制限のおかげで、機体が天井や地面にぶつかる可能性は基本的になくなり、既存のドローンよりも圧倒的に操作しやすくなっている。

従来のドローンはスティックタイプの4chリモコンを利用するが、ドローンレーサーは一般的なラジコンカーと同じホイールタイプの2chリモコンで操作できる
[画像のクリックで拡大表示]
操作が簡単なので子どもと一緒に遊んでもOK。昔ラジコンを楽しんだ大人同士が集まって楽しむのもありだ
[画像のクリックで拡大表示]