[画像のクリックで拡大表示]

 最近、大手キャリアよりも安い「格安SIM」の料金プランに変化が起きている。

 2017年2月1日、ソニーネットワークコミュニケーションズの格安SIMサービス「nuroモバイル」から、新しいタイプの料金プラン「時間プラン」が登場した。時間プランとはその名の通り、「1日5時間まで使い放題」という新しい時間制の料金プランだ。

 格安SIMの一般的な料金プランの場合、月ごとや日ごとの通信量が一定容量に達すると、それ以後は低速モードでしか使えない。

 一方、nuroモバイルの時間プランでは「1日5時間まで使い放題」というように時間枠が設定されていて、通信した時間がこれを超えると、その日の通信速度は制限される。この時間枠の管理は自動で行われ、一定量のデータ通信が生じたときに5分単位で時間枠が消費される。5分後に通信が終わっていれば消費も止まり、まだ通信が続いていれば次の5分を消費していく。

 仕組みとしては、1日ごとに通信容量が決まっているプランに近いが、「通信した時間」で管理するのがユニークなポイントだ。時間内の通信量は問われないので、制限時間付きの使い放題プランともいえる。

 なお担当者によれば、LINEのメッセージやアプリの通知といった通信量が少ない場合は、時間枠を消費しないという。その日の残り時間は、nuroモバイルのマイページで確認が可能だ。

 この時間プランの月額料金は、音声通話とデータ通信に対応したSIMが3200円、データ通信だけのSIMが2500円だ。音声付きSIMの通話料は30秒当たり20円だが、専用アプリから発信することで半額の30秒当たり10円になる通話料割引サービスや、月額800円で各通話最初の5分間が無料になる通話定額オプションも提供されている。

 ソニーネットワークコミュニケーションズの担当者は「毎月の通信容量を気にすることなく、ユーザーのライフスタイルに合わせて使ってもらえるプラン」とする。nuroモバイルでは月2GB〜10GBまでの一般的な料金プランも提供しているが、「ユーザーからは『新プランは時間単位で分かりやすい』という声が多く寄せられている」(同)という。

時間プランのイメージ(ソニーネットワークコミュニケーションズより)
[画像のクリックで拡大表示]