「このままじゃ、日本の電子機器メーカーは海外企業の下請けになってしまうんじゃないか」――本連載の取材の中で、前刀禎明氏が度々口にする言葉だ。アップル、ディズニー、AOLと海外メーカーでキャリアを積んだ前刀氏だからこそ感じる日本企業の問題点を、2回に分けて語る。

 数年来、僕が抱いている不安があります。それは、「このままでは、日本の電子機器メーカーは海外企業の“下請け”になってしまうのではないか」ということです。

 下請けというと、最終製品メーカーに技術や部品を供給する企業と捉える人も多いでしょう。ですが、ことプラットフォーム技術に関しては、その関係は逆転しています。新しい価値をもたらす根幹の技術を生み出し、それが利用・転用されていくビジネスモデルを築く。それができる企業が主で、できない企業は従、つまり下請け的な存在になっているのです。

 言葉は刺激的かもしれませんが、テレビやAIスピーカーなどをみると、この傾向は誰の目にも明らかなところでしょう。最近の日本の企業は、海外で開発された基幹技術をベースにして、細部だけを自社で作り替え、自社ブランドの製品として販売する事業が多くなっています。日本メーカーが華々しく発表するAIスピーカーや次世代テレビの音声操作機能は「Googleアシスタント」で実現されていますし、有機ELパネルは韓国LGディスプレー製です。

前刀禎明氏
[画像のクリックで拡大表示]

 逆に、近年、日本企業が生み出して世界を驚かせた基盤技術・サービスに、何か思い当たる人はいるでしょうか。残念ながら、僕にはパッと思い浮かぶものがありません。このままでは、日本企業は米グーグルや米アマゾン、米アップルなどのエコシステムにすっかり組み込まれてしまいます。さらに今後は、スウェーデン・イケアや米テスラなど、新しいライフスタイルを描けるような企業が、魅力的な製品を開発して市場を席巻するようになるかもしれません。日本メーカーの製品は独自性を持てず、市場の片隅に追いやられてしまう未来も考えられます。

 もちろん、他社のプラットフォームに乗っかって収益を上げる事業や、部品供給で成功する事業もあっていいのですが、それしかなくなってしまうと、日本の子どもたちはものづくりに夢を持ちにくくなるでしょうし、創造性ある人材の海外流出にもつながります。何より単純に、さみしい。日本に1社でも2社でも、世界から憧れの目で見られるメーカーがあってほしいものだと僕は思います。