「ホームルーター」と言われてピンとこない人も多いかもしれない。いわゆる無線LAN(Wi-Fi)ルーターと同じ役割を果たす機器で、Wi-Fiを使ってスマートフォンやパソコンなどをインターネットに接続するために使う。無線LANルーターと異なるのは、インターネットへの接続にWiMAXや4G(LTE)回線などの無線通信を使う点だ。モバイルWi-Fiルーターの据え置きバージョンとも言い換えられるだろう。

 そのホームルーターが現在売れ行き好調だ。少しITに詳しい方なら家の中でもスマホのテザリング機能やモバイルWi-Fiルーターを使えば済む話にも思えるのだが――。

 家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」の調べによると、データ通信端末市場では、2017年の1月から据え置き型の比率が徐々に高まっており、ここ数カ月はほぼ半数を占めるまでに拡大。縮小傾向にあった市況の回復を支えているという。

データ通信端末市場は2016年にかけては縮小傾向にあったが、17年に入ると一転して回復に向かい、ここ1年近くの指数は100前後で推移している(「BCNランキング」調べ)
タイプ別の内訳をみると、2017年1月から据え置き型の比率が徐々に高まり、直近の数カ月はほぼ半数を占めるまでに拡大した(「BCNランキング」調べ)