[画像のクリックで拡大表示]

 多くのiPhone・Androidスマホユーザーにとって、スマホで音楽を聴くためのイヤホンは必須アイテムだ。そこで、手ごろな2000〜4000円台の人気イヤホンはどれがいいのか、AV評論家の筆者(折原一也)が音質をチェックした。(関連記事は「5000〜1万円の有線イヤホンはどれが高音質?【17年版】」)

 従来、この価格帯には入門モデルが多かったが、現在は状況が一変。5000円以下でも高音質を売りにしている機種が急増している。例えば「ハイレゾ」の基準である高域周波数帯域40kHzをカバーするイヤホンが国内外のメーカーから登場。1万円以下のイヤホンと同じ水準のスペックを備える機種も多数登場している。

 また「重低音タイプ」と呼ばれる低音重視を打ち出すモデルも多い。有線タイプのイヤホンは5000円以下でも音質重視がトレンドとなりつつある。

 今回評価したイヤホンは、過去1年間に発売された実売価格5000円以下の有線イヤホンのなかから、大手量販店やネット通販で売り上げランキング上位の7機種をピックアップした。

 試聴はオンキョーのGRANBEATのイヤホンジャックで再生し、ハイレゾ音源で確認。5つ星で比較評価した。最後に価格帯別の総評と、ベストバイ製品も紹介する。