ファーウェイは2018年3月27日(現地時間)、フランス・パリで新製品発表会を実施し、カメラに注力した「P」シリーズの新モデル「HUAWEI P20」「HUAWEI P20 Pro」と、ポルシェデザインを採用した高級モデル「HUAWEI Mate RS」の3機種を発表した。AI(人工知能)による撮影機能を一層進化させるとともに、P20 Proには4000万画素の超高解像度カメラを含む3つのカメラを搭載するなど、スマートフォンのカメラの概念を大きく覆す新機種の真髄を、発表会の内容から見てみよう。

簡単にプロ並みの撮影を実現

 SIMフリー市場ではトップシェアを誇り、最近ではキャリア向けにもスマートフォンを提供しているファーウェイ。そのファーウェイが発表したのは、事前に予告していた通りの新機種「P20」シリーズだ。ファーウェイのPシリーズはカメラ機能に力を入れたシリーズで、日本でも現在、「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」「HUAWEI P10 lite」の3機種を展開。このうち上位の2機種はライカと共同開発したカメラを搭載し、白黒とカラーのイメージセンサーを活用して繊細な写真を撮影できるなど、独自性を強く打ち出して注目されている。

ファーウェイは新製品発表会をフランス・パリで実施。Pシリーズの新機種「HUAWEI P20」「HUAWEI P20 Pro」を発表した
[画像のクリックで拡大表示]

 今回発表した「HUAWEI P20」「HUAWEI P20 Pro」は、それぞれ5.8インチの液晶ディスプレーと、6.2インチの有機ELディスプレーを搭載しており、iPhone Xのような切り欠きのあるデザインになっている。イヤホン端子を廃し、USBによるデジタル接続にするなど、最近のトレンドを積極的に取り込んだスマートフォンという印象だ。

「P20」を正面から見たところ。5.8インチの縦長ディスプレーを採用し、画面上部に切り欠きがあるなど、最近のスマートフォンのトレンドをしっかり押さえたデザインだ
[画像のクリックで拡大表示]

 型番の数字が従来の「10」から「20」へと一気に増えたことが象徴するように、カメラ機能は劇的に進化している。ファーウェイがP20シリーズで目指したのは、簡単にプロ並みの写真が撮影できることであり、その実現のためにAI技術を用いていると、コンシューマービジネスグループCEOのリチャード・ユー氏は話している。

P20とP20 Proを手にするファーウェイのリチャード・ユー氏。手軽にプロ並みの撮影ができることが、両機種の特徴になるという
[画像のクリックで拡大表示]

 実際、P20とP20 Proは、既存モデル「HUAWEI Mate 10 Pro」と同じ独自のチップセット「Kirin 970」を搭載している。Kirin 970はAI処理を高速化する「NPU」を採用しており、これを活用することでカメラ機能を大幅に進化させているとのことだ。