中国・東莞市にあるOPPOの工場本社。22万平米の広大な敷地を誇り、食堂や寮、レクリエーション施設なども完備されている

記事へ戻る(ページを閉じる)

2018年1月に日本市場への参入を果たした世界第4位のスマートフォンメーカーである中国のOPPO。携帯電話・モバイル専門ライターの佐野正弘氏が中国にあるOPPOの本社を取材し、同社の強みと日本市場攻略に向けた戦略を探った。

関連画像