新世代USB端子「USB-C」(USB Type-C)が、スマホをはじめとしたデジタル機器に普及しつつある。だがUSB-Cでは、モバイルバッテリーなどを使った充電はどう変わるのか? USB-Cを搭載した任天堂の新ゲーム機「Nintendo Swtich」を例にして、詳しく検証した。

 2016年から「USB-C」(USB Type-C)端子を搭載したスマホやパソコンが増えてきた。USB-CはUSB端子の最新規格で、裏表がなく小型で高速データ転送に対応。さらに多くの電力を扱えることから、スマホやパソコンを急速充電する手段としても注目されている。

 そこで、この記事では、USB-C端子を使った急速充電規格「USB PD」と「Quick Charge 4.0」の現状を分析。またUSB-C端子を採用した機器の実例として、任天堂の新ゲーム機「Nintendo Swtich」をチェックし、どんな機器で急速充電できるのかを検証した。

新しいUSB-C(USB Type-C)端子で充電する機器が増えてきた。スマホやPCのほか、「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)も採用。急速充電規格の規格にも変化が生まれつつある
[画像のクリックで拡大表示]

2つの急速充電規格がある

 現在発売されている高性能なAndroidスマホの多くは、クアルコム社の急速充電規格「Quick Charge 3.0(2.0)」に対応している。

 一般的なUSB-C端子やmicroUSB端子のスマホだと、充電時の供給電力は約5Wから10Wにとどまる。USB-Cの一部製品でも最大で約15Wだ。だが、Quick Charge 3.0(2.0)対応スマホと充電器の組み合わせなら、約18Wの電力で急速充電できる。「1時間で約70%充電できる」など、端末メーカーも急速充電対応をアピールすることが多い。

現在発売されているUSB-CやmicroUSB端子のスマホの多くは「Quick Charge 3.0」に対応。対応するUSB充電器やモバイルバッテリーから急速充電が可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 この便利な急速充電だが、USB-C端子を採用した機器では2つの異なる規格が使われている。ひとつは前述の「Quick Charge 3.0」。「Xperia XZ」など多くのスマホが採用している。以前からmicroUSBのスマホで使われてきた規格なので、互換性の問題が少なく対応充電器も多い。

 もうひとつが、業界標準規格の「USB PD」(USB Power Delivery)だ。実質的にUSB-C端子専用として登場した新しい規格で、スマホなど27W以下の小型機器から最大100Wを必要とする高性能PCまで対応できる。

 現在はアップルのMacBookをはじめ、パソコンを中心にUSB PD採用機器が増えつつある。ただ、新しい規格なので対応の充電器やモバイルバッテリーが少ない。これからの普及が見込まれる規格となっている。

 この2つは異なる規格なので、急速充電を利用するなら、それぞれ別の充電方式に対応した充電器やモバイルバッテリーが必要となる。

USB-PDはPCでの採用例が多い。規格としては、最大100Wなど高出力のUSB PD対応充電器ならすべてのUSB PD対応機器を充電できる
[画像のクリックで拡大表示]
Quick Charge 3.0とUSB PDは異なる規格だ。充電器やモバイルバッテリーもそれぞれ専用の製品が必要となる
[画像のクリックで拡大表示]
充電規格 供給電力    備考
既存USB 最大10W(microUSB)
最大15W(USB-C)
microUSBは基本的にUSB BC規格の7.5Wまで。実際には10Wへ対応させているスマホが多い。
Quick Charge 3.0/2.0 最大18Wの製品が多い
(規格上は最大60W)
クアルコム社の急速充電規格。2年ほど前からmicroUSB採用スマホと、最近のUSB-C採用スマホの両方で使われている。
USB PD 機器や充電器によって異なる
最大100W(対応ケーブル必要)
最大60W
最大45W
最大27Wなど
業界標準規格。充電器と対応機器が双方ともに利用できる最適な電力を検出して充電する。PCから省電力なスマホ向けまで幅広い機器をカバーできる。