ビジネスパーソンならば、ストレスでイライラしたり、落ち込んだりすることも多いはず。そんなときは、ここで紹介するiPhoneアプリを使ってストレスを緩和しょう。最新のVR(仮想現実)を活用した瞑想アプリから、イライラを忘れられる単純なゲーム、果てはイライラのもとをミサイルで攻撃できるアプリまで、いつも携帯しているiPhoneがアナタの強い味方に変身するアプリを見ていこう。

最新のVR/ARがアナタの心を癒やす!

 VRというと、アクション系のアプリが注目されがちだが、日常生活を癒やしてくれるものも存在する。欧米のビジネスパーソンが積極的に取り入れているマインドフルネス(瞑想)アプリや男子があこがれがちなシチュエーションを再現する癒やし系アプリなどを紹介しよう。

「Provata VR - Guided Meditation&Mindfulness」~Apple Watchとも連携する瞑想アプリ

開発:Provata Health
[画像のクリックで拡大表示]

 美しい映像と音声ガイダンスを収録した本格的なマインドフルネスアプリ。映像はVRにも対応し、iPhoneをVRゴーグルに装着すれば、臨場感のある3D映像に浸ることができる。瞑想に不慣れでも、見ているだけでリラックスするのは間違いない。音声ガイダンスは英語だが、毎回同じものが流れるので、少し英語が分かれば理解できるだろう。さらに、心拍数をモニターしてリラックスの度合いを計測する機能や、Apple Watchとの連携機能など、瞑想の効果を高めて習慣化もしやすいアプリだ。

音声ガイダンスは瞑想の種類に応じて「ボディスキャン」や「呼吸」「集中」などがある。時間は、2分、5分、10分から選択する
[画像のクリックで拡大表示]
「Body Scan」の音声ガイダンス(日本語訳)
5分間のボディスキャンへようこそ。
(中略)
この瞑想では、体の各部分を意識しながらスキャンしていきます。
体の上から下に向かって意識を移動させていきますが、それは意識するだけで、判断することではありません。

では、口の中を意識することから始めてみましょう。
まずは上顎を意識します。そして舌、そして唇。
すべての部分を感じられなくても問題ありません。

続いて、首に意識を集中します。
肉体的な感覚を意識しましょう。

意識を肩まで下げましょう。
右肩、左肩を意識します。
感覚を意識する以外、何もすることはありません。
それぞれの感覚を意識しましょう。

次に意識を腕に移動しましょう。 上腕、肘、前腕、胸と心臓を感じましょう。
(中略)
呼吸と体の存在を意識するだけで十分です。
意識がどこにあるかを確認したら、
意識をそっと体全体に戻し、
背中全体に意識を広げます。

体の状態の感覚を意識したら、
ゆっくりと意識を足に移します。
足に何らかの肉体的な感覚を意識しましょう。
足の感覚を意識すると、
全身が安らぎ、穏やかな状態になっていることが分かります。

これでボディースキャンは終了です。
海岸や海中など、360度見渡せる美しい映像が用意されている。有料で映像を追加することもできる
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
映像はVRモードにすると3Dで鑑賞できる
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
Apple Watchと連携させれば、瞑想中の心拍数が記録でき、リラックス効果が分かる。心拍数はiPhoneのカメラを使って測定することもできる