昨今はモバイルノートの注目度が高まっているとはいえ、パソコンの中でいまも一番売れているのは、15.6型ディスプレーを搭載した据え置き利用向けのノートパソコンだ。A4ノートやスタンダードノートとも呼ばれ、重さは2.5kg前後でバッテリー駆動時間は3~6時間ほど。モバイル用途には向かないが、使わないときに収納できるので場所を取らず、社内や自宅内でなら好きな場所に持っていって使える。

価格は5万~20万円と幅広い

 画面サイズが大きめで拡張端子が多く、インターネットの利用、マイクロソフトオフィスの利用、写真や動画の編集など用途を選ばない万能性が魅力だ。価格帯は5万円前後の激安モデルから、20万円を超える高級機まで幅広いので、スタンダードノートを選ぶときは、まず自分の使い方を考えて適切な機種を絞り込んでいこう。

デルにはCore i3搭載で5万円を切る激安モデルがある
[画像のクリックで拡大表示]

 テレビの視聴や録画・再生にも使いたいという場合は、液晶ディスプレー一体型のデスクトップパソコンという選択肢もある。24~27型で、有名オーディオブランドのスピーカーシステムを搭載するものもあり、自分の部屋でパソコン兼テレビとして使うのに適している。

NECの一体型デスクトップパソコンは3TBのHDDにテレビ番組を録画できる。レコーダー代わりにも使える
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、モバイルノートと同様、各PCメーカーの直販サイトでスペックやマイクロソフトオフィスの有無を変更して購入できることが多い。メモリー容量などスペックが一部が物足りない、マイクロソフトオフィスを付け足したい(あるいは外して安くしたい)など店頭販売モデルが物足りない思ったら、直販モデルをチェックしてみよう。

【次ページ以降の内容】

 ▼安くても十分使える激安ノート6機種
 ▼スペックとAV機能で選ぶ高性能3機種
 ▼テレビが見たいならデスクトップが最適