テキサス州のオースティンで毎年開催される国際フェスティバル「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」。日本での関心も年々高まっている。主にITテクノロジーを扱うインタラクティブの展示会やカンファレンスが終わり、後半は映画と音楽をテーマにしたイベントへと表情を変え、街の雰囲気もすっかり変化する。海外展示会の最新事情に詳しいフリーランスライターの野々下裕子氏に、日本ではあまり報道されないSXSWの後半戦について解説していただいた。

深夜まで街中に音楽と人があふれかえる

 SXSWは、元々才能のあるミュージシャンを世界に紹介するイベントとしてスタートした。10日間にわたる長いイベント期間中、後半は本来のSXSWの姿に街の雰囲気はすっかり変化する。昼間からあちこちで大音量の音楽が響き、通りは若者たちでいっぱいになる。1000ドル以上もするSXSWのバッジをぶら下げた人よりも、1日だけ入場できる代わりに価格が安いリストバンドを付けている人が多くなり、夜になるにつれ街のカオス度が上がっていく。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
SXSWは前半と後半とでは街の雰囲気も歩いている人たちも大きく変化する

 基調講演が行われていたオースティン・コンベンションセンターでは、スピーカーのセッションに変わってライブが催される。オースティン出身のインディ・ロックバンド、Spoon(スプーン)や、イギリス・ミッドランズ出身のサイケデリック・ロックバンドのTemples(テンプルズ)といった世界的に有名なミュージシャンから、各国の大使館やプロモーション団体が一押しする新進気鋭のミュージシャンまで、有名無名を問わずあらゆるジャンルのアーティストが出演し、会場内はさながらコンサートホールのよう。会場の片隅にはバーコーナーが設けられ、パイプイスがあったスペースはスタンディングで盛り上がる参加者であふれ、その周りに置かれたソファでくつろいだり、思い思いのスタイルでパフォーマンスを楽しむ。

 後半もカンファレンスや展示会が開催されるが、テーマはクリエイティビティにシフトする。デヴィッド・ボウイの空前の大ヒット作『レッツ・ダンス』のプロデューサーとしても知られる、ニューヨーク出身の音楽プロデューサーでギタリストのナイル・ロジャースをはじめ、著名なアーティストやクリエーターが自身の経験を共有し、音楽や映像の作り込みについての意見を交わしたり、新しいツールを紹介したり、ファンとエンゲージメントするアイデアを提示する。つまり、クリエイターをバックアップする人たちをも対象としていて、特定のツールやサービスを勉強する1日コースも設けられ、春休み中の学生たちが参加できるようにしている。

前半、基調講演が行われていた場所で後半はライブが開催される
[画像のクリックで拡大表示]
後半もカンファレンスはあるがハウツー的な内容が多く、1DAYスクールなども開催される
[画像のクリックで拡大表示]