中国のフィンテックの現状を現地に滞在している岡部真記さんに紹介してもらうコラム。(上)ではモバイル決済を中心に紹介していただいた。今回はネット通販における日本と中国の文化の違いについて考察していただく。

 中国はEC(電子商取引)大国だ。ただし、ECモールの顔ぶれは日本とかなり違う。日本では、「Amazon」や「楽天市場」が有名だが、中国では「淘宝(タオバオ)」「天猫(テンマオ)」「京東(ジンドン)」を、よく使う。

「天猫(テンマオ)」のスマホ画面
[画像のクリックで拡大表示]

 決済手段も様相が異なる。日本のネットショッピングではクレジットカードを使うことが多かったが、中国では「支付宝(Alipay)」などの電子決済、いわゆるデビットカードのように使える「銀聯カード」が一般的だ。とはいえ買い物をするだけなら使い勝手は、さほど変わらない。

 驚いたのは返品の仕組みだ。筆者の体験をお伝えしよう。

 返品しようと思ったのは、「天猫」で購入したコップだ。デザインが気に入ったものの、いざ届いた商品を見るとほこりまみれで、よく見ると傷もある。どうしても使う気になれなかった。

 まず、アプリ内にある返品ボタンをタップし、理由を選択して送信する。その後、商品の返品方法を選択する画面が出てくるので、「家の前まで取りに来てもらう(という意味であろう)」を選ぶ。引取日時の選択画面が出現したので、希望日時をタップして送信しておいた。

中国ECサイトでの返品画面
[画像のクリックで拡大表示]

 すると後日、希望日時に宅配業者が家に来た。「本当に大丈夫か」とやや疑いながらも商品を渡した。アプリを開くと、画面には「宅配業者が引取完了」という意味の表示。商品が販売店まで配達されていく様子は、アプリで確認できる。最終的には銀行にお金が返金されたという連絡が届き、一安心。アプリ画面には、返品成功という表示が出た。

 ECサイトや販売店が採用しているサービスによって違うかもしれないが、筆者の場合、配達伝票を書くこともなく、返品が実現した。