米テキサス州オースティンで毎年3月に開催されるビジネス・カンファレンス&フェスティバル「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」。1987年に音楽フェスティバルとして始まった同イベントは映画とインタラクティブが追加され、世界最大級の国際カンファレンスとして成長した。前半はテクノロジーを中心としたカンファレンスや展示会、後半はライブやコンテンツなどのフェスティバルという形で知られているが、近年はコンバージェンスというコンセプトの下、ジャンルの垣根なく交流してほしいというSXSW運営側の意図があり、期間もテーマもよりミックスされている。

 3月9~18日まで米テキサス州オースティンで開催中のSXSW2018。インタラクティブの最終日である13日に、レイ・カーツワイル(Ray Kurzweil)氏が登壇した。人工知能研究の権威であり、フューチャリストとしてシンギュラリティ(技術的特異点)に関する著述で知られる。SXSWには、2012年、2017年と登壇し、今回が3回目となる。

講演「The Power of Ideas to Transform the World is Accelerating」――SXSW2018の会場にて
[画像のクリックで拡大表示]

 講演は、米テックメディアサイト大手の「Mashable」のチーフ編集ジェシカ・コーエンとのインタビュー形式で行われた。カーツワイル氏は、SXSWでも重要なトピックとして挙げられている、AI(人工知能)、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)、バイオテクノロジーといったさまざまな領域についての質問に答える形で未来のビジョンを語った。