任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」は、据え置き型ゲーム機でありながらタブレット端末のように携帯できる異端のガジェットだ。自腹で購入したライターのジャイアン鈴木氏が、ガジェットオタクの視点からレビューする。

据え置き機? それともタブレット端末?

 2017年3月3日に発売された「Nintendo Switch」は据え置き型のゲーム機だ。

 もちろんNintendo Switchは一見タブレット端末のような本体だ。テレビや周辺機器と接続するための「Nintendo Switchドック」、取り外し可能な分割コントローラー「Joy-Con」で構成され、基本となる「TVモード」以外に、外出先などで「テーブルモード」「携帯モード」で利用できる。

 しかし、任天堂はあくまでもNintendo Switchを据え置き型ゲーム機として位置づけている。実際、2017年2月1日に開催された任天堂の経営方針説明会で、君島達己社長は携帯ゲーム機であるニンテンドー3DSの後継機を検討していると語っていた。

テレビにゲーム画面を表示するTVモード。ドックに本体を装着するだけで自動的にモードが切り替わる。本体からはずしたJoy-Conは、Joy-Conグリップと合体させてひとつのコントローラーとして利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
スタンドでテーブルに自立させ、取り外したJoy-Conで操作するテーブルモード。スタンドの角度を調整できないのが残念。「スーパーボンバーマン R」など、左右のJoy-Conをふたりで分け合って操作する「おすそわけ」プレーに対応したゲームも登場している
[画像のクリックで拡大表示]
本体にJoy-Conを装着してプレイする携帯モード。コントローラーが左右に大きく離れているので、操作に慣れるのに少し時間がかかる
[画像のクリックで拡大表示]
左上からNintendo Switch本体、Joy-Con、Nintendo Switchドック、Nintendo Switch ACアダプター、Joy-Conグリップ、Joy-Conストラップ、HDMIケーブル
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、コントローラーを取り外すとNintendo Switchはタブレット端末にしか見えない。またiFixitの分解記事によれば、Nintendo SwitchのSoCはTegra X1をカスタマイズした「NVIDIA ODNX02-A2」、メモリーはサムスンの2GB LPDDR4 DRAM「K4F6E304HB-MGCH」を2枚、ストレージは東芝の32GB eMMC「THGBMHG8C2LBAIL」を搭載していることが判明している。スペック的には2015年12月8日に発売されたグーグルの10.2インチAndroidタブレット「Pixel C」に非常に近い。

 さらにアルバム内の画像にコメントを追加してTwitterやFacebookに投稿したり、ニンテンドーeショップからゲームを購入したり、ゲームニュース内の記事や動画を見るだけならコントローラーは一切必要ない。このときの使い勝手はタブレット端末そのものだ。乱暴に言えば、Nintendo Switchを据え置き型ゲーム機として成立させているのは、コントローラーとドックの存在ということになる。

ゲームをプレーしているとき以外はNintendo Switch本体だけで操作が可能だ。ソフトウェアキーボードは50音配列だけでなく、地球マークから切り替えてQWERTY配列も選択できる
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
写真キャプションに誤りがありました。「ソフトウェアキーボードは50音配列だけ」とありましたが、正しくは「地球マークから切り替えてQWERTY配列も選択できる」でした。お詫びして訂正いたします。該当箇所は修正済みです。 [2017/03/24 23:00]

「Joy-Con」が成功の鍵を握る

 それではハードウェアをより詳しく見ていこう。Nintendo Switchの本体サイズは173(W)×101(H)×13.9(D)mm、重量は約297g。ディスプレーのサイズは6.2インチ。実際に手に持ったときの感覚としては、多少ディスプレーのベゼル(枠)が広いが、最近はやりのファブレット(6インチ以上のスマートフォン)といったところだ。

左がiPhone 7 Plus、右がNintendo Switch本体。Joy-Conを外すとNintendo Switch本体はかなりコンパクトに感じる
[画像のクリックで拡大表示]
携帯モード時のサイズは239(W)×102(H)×13.9(D)mm、重量は約398g(カタログ値)。重量増はそれほど感じないが、混雑した電車内でプレーするのはちょっと気が引けるサイズ感だ
[画像のクリックで拡大表示]

 6.2インチディスプレーの解像度は1280×720ドット。ただし、ドックを経由してテレビに出力する際には1920×1080ドットで表示される。フレームレートは60フレーム/秒と公表されているが、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は30フレーム/秒にとどまっている。とは言っても、映像の美しさとフレームレートのどちらを優先させるかはゲームごとに異なって当然だ。

静電容量方式のタッチスクリーンが採用されている。タッチ点数は公表されていないが、少なくとも2本指での拡大・縮小操作は可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 本体上面には電源ボタン、音量ボタン、ヘッドホンマイク端子、ゲームカードスロット、前面にディスプレー、明るさセンサー、スピーカー、両側面にはJoy-Conを装着するためのレール、底面にはUSB Type-C端子、背面にはスタンド、マイクロSDカードスロットが用意されている。

ゲームの多くはパッケージ版とダウンロード版が用意される。ゲームカードスロットは本体上面に設けられており、TVモード、テーブルモード、携帯モードのいずれでも出し入れが容易だ
[画像のクリックで拡大表示]

 ドック内部には本体接続端子、背面カバー内にはACアダプター接続端子、USB端子×1、HDMI端子、左側面にはUSB端子×2が備えられている。ちなみに現時点ではUSB端子はすべてUSB2.0で動作しているが、背面カバー内のUSB端子のみアップデートでUSB3.0に対応する予定だ。外付け大容量ストレージや1000BASE-T対応の高速有線LANアダプターなどの装着を想定していると思われる。

真ん中が将来的にUSB3.0に対応する背面カバー内のUSB端子。コネクターがUSB3.0であることを示す青色になっている
[画像のクリックで拡大表示]

 Joy-Conはある意味、Nintendo Switch最大の売りだ。振動だけでなく触感を伝える「HD振動」に加えて、本体右側に装着するJoy-Con(R)には底面にモノの形や動き、距離を検出する「モーションIRカメラ」が搭載されている。ローンチタイトルの「1-2-Switch」では両機能を活用したミニゲームを楽しめる。

 Joy-Conは前述の通り左右をふたりで分け合って操作することが可能で、加速度センサーやジャイロセンサーもそれぞれに搭載されている。筆者はJoy-Conを両手に持って殴り合う格闘ゲーム「ARMS」の発売を楽しみにしているが、このようなJoy-Conの特性を生かしたゲームがどのくらい発売されるかが、Nintendo Switchの成功の鍵を握っている。

分離したJoy-Conは同梱のJoy-Conストラップで手首に取り付けられる
[画像のクリックで拡大表示]