LGエレクトロニクス・ジャパンは2017年3月16日、4K対応有機ELテレビの新製品4機種を発表した。目玉となるのが、厚みをわずか3.9mmに抑えた壁掛け式モデル。磁力を利用して固定用金具と密着させる構造を採用し、壁掛けというよりは“壁に張る”というこれまでにない感覚に仕上げた。パネル面と壁との距離がほぼゼロになることで、あたかも壁に映像が浮かび上がるような表現を可能にし、視聴の際の没入感を高めた。音響面は、前方に設置したスピーカーだけで横の広がりに加えて高さ方向の広がりを仮想的に表現できるように改良した。

4K対応有機ELテレビの新製品を発表するLGエレクトロニクス・ジャパンの李 仁奎(イ・インギュ)社長。目玉は、壁掛けに対応した写真の最上位モデル「65W7P」だ
[画像のクリックで拡大表示]
65W7Pのパネルは厚みが3.9mmしかない。壁掛けにした状態でも3.9mmの薄さをキープできるよう構造を工夫した
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年は国内の家電メーカーが相次いで有機ELテレビを発表するとみられるが、見た目や表示品質、音響でインパクトの大きい高品質の製品を他社に先んじて投入することで、次世代の薄型テレビとして注目が高まる有機ELテレビの分野での地位固めを狙う。

 予想実売価格は、壁掛けに対応した最上位の65型モデル「OLED 65W7P」が100万円前後、ガラスの上にパネルが載ったようなデザインを採用する自立型の65型モデル「OLED 65E7P」が80万円前後、薄型ベゼルを採用したスタンダードタイプの65型モデル「OLED 65C7P」が70万円前後、55型モデル「OLED 55C7P」が50万円前後。発売は、いずれも4月上旬の予定。

スタンド一体型の中堅モデル「65E7P」。薄型テレビにつきもののフレームを排し、ガラスの上に有機ELパネルが載ったようなデザインを採用する
[画像のクリックで拡大表示]