EOSシリーズのフラッグシップモデルとして4月下旬に販売が始まる「EOS-1D X Mark II」。予想実売価格は67万8000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 4年に1度のオリンピックイヤーにあたる2016年、キヤノンとニコンのデジタル一眼レフのフラッグシップモデルが恒例のモデルチェンジを迎えた。キヤノンは「EOS-1D X Mark II」(以下、Mark II)を4月下旬に、ニコンは「D5」をひと足早い3月26日に発売する予定となっている。

 筆者は、キヤノンの先代モデル「EOS-1D X」(以下、1D X)をメーンのカメラとして日々使っており、ブラッシュアップが図られたMark IIの仕上がりがとても気になっている。試作機をもとに、ファーストインプレッションしてみたい。

外観の変更は最小限だが、デザインの変更で現代的な印象に

 1D Xを使い続けて3年がたつ自分から見ても、Mark IIの外観は先代にとても似ている。よほどのヘビーユーザーでない限り、ボディー前面右下の「Mark II」というバッジを見ない限りは見分けがつかないだろう。

 だが、前方から見た肩の部分のラインがよりシャープになるなど、細かな部分が現代的なシェイプにリニューアルされていることに気がつく。「海坊主」などと揶揄されることの多いEOS-1Dシリーズだが、一般に浸透したイメージをキープしながらも古くさくならないように進化させている点は評価したい。

全体的なフォルムはEOS-1D Xを継承するが、ペンタ部から肩にかけてのラインがよりシャープになった
[画像のクリックで拡大表示]
操作ボタン類のレイアウトはEOS-1D Xとほぼ同じだが、配置や形状が細かく見直されている
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
従来モデル「EOS-1D X」。EOS-1D X Mark IIと比べると、細かな違いが見受けられる