スペイン・バルセロナで2018年2月26日から3月1日まで開催されていた携帯電話・通信の展示会「MWC(Mobile World Congress)」では、世界中のさまざまなメーカーが、スマートフォンを中心とした最新機種を発表した。そうした中から、サムスン電子やエイスーステック・コンピューター(ASUS)、ファーウェイなど、日本でも人気の高いメーカーが発表し、日本での発売に期待がかかる新機種を紹介しよう。

今年も「MWC」に合わせて、スマートフォンを中心に多くの新機種が発表された
[画像のクリックで拡大表示]

カメラを大幅強化した「Galaxy S9」

 最も注目されたのは、世界最大のスマートフォンメーカーとなっているサムスン電子の「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」である。前機種「Galaxy 8」「Galaxy S8+」は日本でも発売され、18.5:9の縦長比率でベゼル部分が非常に狭く、画面占有率が高い有機ELディスプレー「インフィニティディスプレイ」の採用で話題を集めた。Galaxy S9/S9+は前機種の特徴を生かしながらも、カメラ機能を大幅に強化したフラッグシップモデルとなっている。

サムスン電子の新しいフラッグシップモデル「Galaxy S9」。インフィニティディスプレイなどの特徴はそのままに、カメラ機能が大幅に強化されている
[画像のクリックで拡大表示]

 Galaxy S9/S9+のカメラはいずれも1200万画素と標準的だが、特徴的な機能が3つある。1つは撮影する場所に応じてカメラの絞り値が変化すること。暗い場所ではより多くの光が取り込めるようにF値が1.5に、明るい場所ではより鮮やかな写真が撮影できるようにF値が2.4に、と自動で変わるというのは、従来にない仕組みである。

Galaxy S9のカメラ。メインカメラは周囲の光に応じて、自動で絞りを2段階に調節する機能が備わっている
[画像のクリックで拡大表示]

 2つ目の機能は、1秒間に960コマのスローモーション撮影ができるというもの。これはソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZ1」などに搭載されている機能と同等で、HD画質で撮影する際、0.2秒間を6秒間のスローモーション動画として記録する。加えてGalaxy S9/S9+では、スローモーション撮影する被写体を自動で検知する機能や、撮影したスローモーション動画をループ再生し、それをGIFアニメにしてSNSで共有しやすくする機能を備え、より手軽で楽しくスローモーションを活用する点に注力している。

 そしてもう1つ、Galaxy S9/S9+のカメラを使った機能として注目されるのが「AR Emoji」だ。これは人の顔を撮影すると、それを3Dアバターにし、さらにLINEなどで活用できる画像スタンプにするというもの。自分の顔を使った楽しい表現ができることから、若い世代から人気が出そうな機能だ。

自分の顔を撮影し、3Dアバターやスタンプを作成できる「AR Emoji」。より楽しいコミュニケーションに役立ちそうな機能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、5.8インチディスプレーを搭載する小型のGalaxy S9はシングルカメラだが、6.2インチディスプレーを搭載する大型のGalaxy S9+は、1200万画素のカメラをもう1つ搭載したデュアルカメラ機構を採用。カメラを切り替えることで2倍ズーム相当の撮影ができるほか、ボケ味のある写真を手軽に撮影できる「ライブフォーカス」機能も利用可能だ。

「Galaxy S9+」(左)とGalaxy S9(右)の背面。Galaxy S9+は2つのカメラを搭載している
[画像のクリックで拡大表示]