外出時でもスマホを充電できるモバイルバッテリー。スマホをよく利用する人の必需品になりつつある
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホで動画やゲーム、SNSを楽しんでいると気になるのがバッテリーの持ち。このため、スマホをよく使う人の必需品となっているのがモバイルバッテリーだ。これがあれば、移動中でもスマホを充電できる。最近では電車内などで、スマホをモバイルバッテリーで充電しながら利用している人を見かけることも珍しくなくなった。

 使い方は簡単だ。まず、自宅でスマホなどのUSB充電器を使ってモバイルバッテリーを充電しておく。あとは、外出先でスマホにモバイルバッテリーをつなぐだけ。移動しながらはもちろん、釣りや登山などアウトドア環境でもスマホを充電できる。

 だが、モバイルバッテリーを購入するときに困るのは、どれぐらいの大きさで、どういった製品を購入すればよいのかという点だ。そこでこの記事では、モバイルバッテリーの選び方と、おすすめのモバイルバッテリーを紹介する。

モバイルバッテリーもスマホと同じUSB充電器で充電できる
[画像のクリックで拡大表示]

どれだけの容量が必要なのか?

 店頭やネットのモバイルバッテリー製品のパッケージを見ると、「3000mAh」や「5000mAh」といった容量と、「スマホ充電1.5回分」などといった充電回数の目安が記載されている。だが、実際の充電回数はスマホによって異なるので注意が必要だ。

モバイルバッテリーの外箱には、3000mAhなどの充電容量とスマホの充電回数が大きく記載されている
[画像のクリックで拡大表示]

 モバイルバッテリーの充電回数は、モバイルバッテリーの容量のうち約70%の数値と、スマホ本体のバッテリー容量を比べれば分かる。モバイルバッテリーの容量を約70%で計算するのは、スマホを充電する際に必要な電圧の変換で、充電されない電力が約30%ほど発生するからだ。

 通勤時など毎日1回だけ充電するなら、iPhone 6sや6は3000mAh、大型のAndroidスマホやiPhone 6s Plusなら5000mAhのモバイルバッテリーが最適だ。大容量のほうがよさそうだが、そのぶん重たくなる。毎日利用するなら、ほどほどの容量で軽いものを選んだほうが使いやすい。

 出張や旅行で使ったり、複数のスマホやUSB機器を充電するなら10000mAhクラスの大容量モデルもオススメだ。特に、大型のタブレットやUSB充電に対応したMacbookやパソコンは、フル充電に10000mAhほど容量が必要となる。

軽量、小型のバッテリーなら、手に持ったままでも充電しやすい
[画像のクリックで拡大表示]
複数のスマホやタブレット、USB充電対応のパソコンを充電するなら、10000mAh以上の製品が便利だ
[画像のクリックで拡大表示]
バッテリー容量別で見る、おおよその充電回数
モバイルバッテリーの容量
スマホの種類 3000mAh(80g前後) 5000mAh(130g前後) 10000mAh (190g前後)
iPhone 6s(1715mAh) 1.2回 2.0回 4.0回
iPhone 6s Plus(2759mAh) 0.7回 1.2回 2.5回
Xperia Z5(2900mAh) 0.7回 1.2回 2.4回
Nexus 6P(3450mAh) 0.6回 1.0回 2.0回