2018年2月26~3月1日、スペイン・バルセロナで開催されたモバイル分野の展示会「Mobile World Congress」(MWC)には今年も多くの注目すべきスマートフォンが並び、話題となった。中でも、Xperiaからアナログイヤホン端子がなくなったことは、スマートフォンによる音楽のリスニングスタイルに大きなインパクトを与えそうだ。オーディオに造詣が深い山本敦氏が解説する。

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、今年もMWCでXperiaの新製品を発表した。このところ、春のMWC、秋のIFA(ベルリンで9月ごろに開催される家電ショー)と、約半年ごとの新製品発表サイクルを維持している。各イベントで発表された端末は、ミドルレンジのモデルを除いて日本国内でも発売されてきた。MWCで発表された端末はあくまでグローバルモデルだが、順当にいけば2018年の春夏モデルとして大手キャリアから発売されることになりそうだ。

Xperiaからもアナログイヤホンジャックがなくなる

 新たに発表されたXperia XZ2とXperia XZ2 Compactの詳細については先行記事に譲り、ここではXperiaがこれまで搭載してきたアナログイヤホン端子をついに取り払ったことに注目したい。新しいXperiaでは、アナログイヤホン端子ではなくUSB Type-C端子にUSBデジタル接続対応のイヤホンを挿して使うことになる。

ソニーモバイルがMWC2018で発表した「Xperia XZ2」(左)と「Xperia XZ2 Compact」。デザインの一新、カメラ機能のパワーアップなど魅力に富んだ製品だが、音楽リスニングについてはアナログイヤホン端子がなくなってしまったことが気がかりだ
[画像のクリックで拡大表示]
本体の下側にUSB Type-C端子を搭載している。バッテリーのチャージやデータの伝送にも使う
[画像のクリックで拡大表示]